旅行プランのご案内

秋の四川大紅葉の名所で紅葉狩り 秋の九寨溝&神仙池 7日間

★ツアーの特徴★

①四川の三大景勝地をハイキングで楽しみます

中国有数の観光地である九寨溝と黄龍は常に多くの観光客があふれ、特に景勝地は観光客の頭しか見えなかったとさえ言われるほど。ところが、その景勝地から歩き始めるハイキングルートでは驚くほど落ち着いた雰囲気の中で素晴らしい自然を満喫できます。道もトイレも整備され、安心し て歩けるお勧めコースです。さらに今回は比較的静かな観光地として注目され始めた神仙池にも足を延ばします。

②あえて陸路で

成都~九寨溝の移動は車を利用。頻繁に発生する飛行機の遅延による日程への影響や高山病の危険性が減る上、チベット村や、世界遺産・都江堰など観光地を訪れることが出来ます。

③紅葉の季節に紅葉狩りハイキング

九寨溝と黄龍など四川奥地の紅葉シーズンに訪れます。現地では日本語が堪能なネイチャーガイドがご案内。詳しい説明を聞きながら四川省の自然をお楽しみ頂けます。

④パンダとの出会い、世界遺産観光、成都観光

成都ではパンダの可愛い姿との出会いを楽しみ、有名な陳さんの麻婆豆腐のお店で本場四川料理を楽しみます。

⑤ミネラルウォータープレゼント

ハイキング中はミネラルウォーターを1日1本差し上げます。

フォトギャラリー

撮影:今長谷啓享

ツアーの行程

1日目

  • (13:40 発)福岡→上海→成都

宿泊:成都泊

2日目

  • (8:00 頃発)
    成都→畳渓海子→チベット村→九寨溝(18:00 頃着)
    終日1933年の地震で珉江が堰き止められて出来た畳渓海子、チベット村

宿泊:九寨溝泊

3日目

  • (8:00 頃発)
    九寨溝ハイキング(行動 午前3 時間&午後3 時間)(17:00 頃着)
    終日鮮やかな色彩を誇る五彩池で有名な「則査窪溝」紅葉ハイキング
    美しい真珠灘や五花海、諾日朗の滝など「日則溝」紅葉ハイキング
    ご希望の方は「チベットショー」へご案内(約6000 円、現地申込み・支払い)

宿泊:九寨溝泊

4日目

  • (8:30 頃発)
    九寨溝 神仙池風景区 黄龍(17:00 頃着)
    午前神仙池風景区は九寨溝や黄龍をコンパクトにまとめたような景勝地
    比較的混雑が少ないことが特徴です。
    電気カートなどで仙池橋から紅葉ハイキングを楽しみます。(行動1時間半)

宿泊:黄龍泊

5日目

  • (8:00 頃発)
    黄龍→茂県(17:00 頃着)
    午前世界遺産「人間瑤地(この世の仙境)」と呼ばれた黄龍ハイキング
    往路はロープウェイで、まだ人が少ない時間に最奥の「五彩池」へ。
    復路は「黄龍ハイキング」で美しい秋の風景を満喫(行動2時間半)

宿泊:茂県泊

6日目

  • (8:00 頃発)
    黄龍 都江堰 成都パンダ基地 成都(17:00 頃着)
    午前世界遺産に指定された古代水利施設の都江堰を見学
    午後成都パンダ基地ではかわいいパンダを見学します。
    夕食は名物の陳マーボー豆腐です。
    ご希望の方は「川劇」へご案内(約6000 円、現地申込み・支払い)

宿泊:成都泊

7日目

  • (07:10 発)
    成都 上海 福岡(17:15 着)
旅行代金

(9/1現在)

福岡発 228,000円
別途 福岡空港施設使用料 970円
現地空港税 3,970円
燃油サーチャージ 0円
ツアーの詳細
  • 最少催行人員8名(定員18名様)
  • 食事朝5食、昼4食、夕4食付
  • 利用航空会社スカンジナビア航空
  • 利用ホテル(各地同等クラス、全都市シャワーのみの場合あり)
    成都:向陽大厦、加州花園、芙蓉麗庭(スタンダードクラス)
    九寨溝:千鶴国際 (スタンダードクラス)
    黄龍:瑟爾嵯国際大酒店、華龍山荘(スタンダードクラス)
    茂県:茂県国際 (スタンダードクラス)
  • 添乗員福岡からガイドを兼ねて今長谷が同行します
  • オーロラは自然現象です。ご覧頂けなかった場合も返金などの対象にはなりません。

歩行レベル : 初級・ハイキング

歩行は概ね半日3時間~3時間半、終日で6~7時間。
歩くのに抵抗がないかたなら、どなたでもご参加ください。

歩行レベルと装備について

受託販売 株式会社ブループラネットツアー
福岡県知事登録第3-771号
福岡県福岡市中央区薬院3-16-27 薬院ビル4階
旅行企画・実施 株式会社ツアーコラボ
観光庁長官登録旅行業第1種1814号
(旅行条件書)取引条件説明書(PDF) / 旅行業約款(PDF)
現地事情
アメリカ・グランドサークル現地事情

国 名

中国の正式名称は、「中華人民共和国」。
「中国」は略称です。首都は北京。

時 差

日本より1時間遅れ

公用語

中国語(北京語)
ホテル・空港などでは英語や日本語が通じるところもあります。

電 圧

電圧220ボルト

周波数交流の50ヘルツ

コンセントの形は日本のものと異なります。(A、B、C、SE、B3、BFのいずれか。)
日本でお使いの電気製品はそのままでは使えません。
ご使用には変圧器と変換プラグが必要です。

通 貨

単位

中国元 1元(塊)=10角(毛) =約16円(2016年9月現在)

通貨の種類

紙幣:1・5・10・20・50・100元
硬貨:1元、1・5角
(以前は角の下の単位の分がありましたが現在は使われていません)

中国国内(空港・ホテル・お土産屋など)にて日本円から中国元に両替できますが、現地ガイドが直接両替し、残ったお金は日本円へ再両替しますので、日本円をそのままお持ちください。
尚、5万円など高額の両替の場合は空港などの両替所をご利用ください。

空港などで両替された場合で再度日本への再両替をする際には、両替の際の両替証明書が必要になります。
また、再両替は両替した金額の50%までしかできませんので、お買い物などの際には上手にお使いください。外国人旅行者の現地通貨の持ち出しは原則として禁止されています。

今回の旅行ではほとんどの食事が含まれていますので、必要になるお金は食事の際のお飲物代やお土産代です。
特に大きなお土産の購入予定などがなければ1~2万円を両替されれば充分です。
但し、チベットショーや成都の川劇などのオプションは各約6000円です。
参加希望の方はこの入場料を考慮して日本円でご準備ください(支払いは現地にて日本円にてお支払いいただきます)。
尚、オプションのお申し込みは現地で承ります。

治 安

従来、治安はよいお国柄でしたが最近は各地で観光客を巻き込んだ犯罪が発生しておりますので、ご注意ください。
ホテルの部屋では必ずロックをしてください。
また、ドアをノックされたら必ず誰か確認し、見知らぬ人の場合は決して開けずにガイドにご連絡ください。
ホテルからお出かけになる場合も、現金・貴重品・パスポートなど必ず身に付けてください。
ホテルのエレベーター内でのスリも多発しています。ご注意ください。

気候と服装

成都などの都市部では、春秋服でお過ごしいただけます。
一方、山中では朝夕は5℃以下に冷え込みますので防寒具が必要です。
一日の気温の差が大きいですから重ね着でご準備ください。
また、雨の多い地方ですので、雨具も必ずお持ちください。
中国では特に食事の際などに正装する必要はありません。
登山靴/トレッキングシューズとは別に街歩き用の靴をお持ちになると便利です。
但し、その際は履きなれたものをご準備ください。

10月の平均気温

都市名 平均気温 10月
成都 最高 21℃
最低 14℃
九寨溝 最高 14℃
最低 2℃

チップ

従来、中国にはチップの習慣はありませんでしたが、欧米旅行者の増加に従って外国人向けホテルではチップを払うことが普通になってきました。
ホテルに荷物を運んでもらった場合は10元(約160円)程度を渡しください。

ホテル

原則として2名1室、2つのベッド、バスタブ付きのお部屋ということになっておりますが、地域によっては3名1室やバスタブが無くシャワーのみのお部屋の場合や、シャワーのお湯の出が悪い場合もございます。現地事情としてお含みおきください。
お部屋にはお湯の入ったポットとお茶のセットが備え付けていますのでご利用ください。
石鹸やタオルは備え付けていますが、日本のホテルのように寝間着や歯ブラシ、場合によりスリッパも備え付けておりません。
また、ドライヤーは成都のホテルには備え付けられていますが、それ以外の場所ではない場合がございます。
必要な方は予めご用意されておくことをお勧めします(電圧に注意。日本専用の100ボルトのドライヤーは火災の原因になります)。
尚、入浴の際、バスタブ/シャワー以外の場所でのお湯の利用はご遠慮ください。

食 事

中華料理が主体となります。
一般に朝食には中華バイキング、昼食・夕食には円卓を囲み10名程度で召し上がっていただく大皿料理となります。
油を使った料理が主体となりますので、気になる方は梅干しや佃煮などの日本食をお持ちいただくとよいでしょう。
九寨溝やハイキング中はお弁当になる場合がございます。
また、高所では食欲が落ちますので、行動食として、のど通りの良いゼリー飲料などをお持ちください。
残念ながら九寨溝と黄龍は元がチベットの貧しい地域でしたから、かなり改善されてきているとはいえ、食事のレベルはまだ充分とはいえません。
衛生上は全く問題ありませんが、お口に合わない場合に備え、さらに高所で食欲減退になる場合に加え、軽量の嗜好品をお持ち頂ければ安心です。
お湯はお部屋で沸かすことが可能です(或いは給湯器、ポットが備えられております)。

日本とは水質が異なりますので、生水は飲めません。
ミネラルウォーターをお買い求めいただくか、お部屋に備え付けのポットがありますので、そのお湯をご利用ください。
また、水筒などお持ちいただくとレストランなどで熱いお湯をもらえますので、途中での水分補給には便利です。
今回の旅行では現地滞在中は毎日1本のミネラルウォーターをご用意致します。

トイレ

都市のホテルのトイレは、まず問題ないでしょう。
田舎のトイレには、まだ扉なしのトイレもありますが、都会の観光地でのトイレはかなり整備されてきて、有料(1~5角程度)の水洗トイレも増えてきています。
九寨溝と黄龍では清潔なトイレが整備されています。

お荷物

飛行機にお預けになる荷物(トランクなど)には、必ず鍵のかかるものをご用意ください。
また、カメラ・現金などの貴重品は入れないでください。



<ご注意>

中国の正式名称は「中華人民共和国」で「中国」はその略称です。
「支那」「満州」はそれぞれ「中国」「東北地方」と呼び名が変わっています。
昔の呼び名は過去の忌まわしい日中関係を思い出させ、中国の人に不快感を与えることがあります。
大きく転換した新しい中国の国名、地名をお使いになりますようご協力お願い申し上げます。
観光地案内


中国の二つの世界自然遺産、九寨溝と黄龍、さらに神仙池をゆったり歩きます。
今回訪れる10月は真っ赤に燃える紅葉と美しい湖沼群とのコントラスト(対比)を楽しみながら大自然を満喫できます。
九寨溝は中国一美しい風景といわれ、100を越える湖が芸術的に連なっています。
エメラルドグリーンの澄んだ湖水に鬱蒼と茂る原生林が写ると息を呑む美しさです。
黄龍は石灰岩層に水がたまってできた棚田状の湖沼群が見られます。
どちらもゆっくりと時間をとって歩いてその美しい風景を楽しみます。
また、多くの観光客で混み合う九寨溝や黄龍から離れた神仙池は九寨溝や黄龍より小規模ですが、静かな紅葉狩りをお楽しみ頂けます。
また、今回は四川省の玄関口・成都と九寨溝・黄龍・神仙池間の移動は飛行機は利用せずに陸路(専用車)を利用することで高山病への対策を図るとともに、途中の観光地にも立ち寄ります。


九寨溝(きゅうさいこう)


所在地四川省成都から北へ400㎞

標高2100~3100m

世界遺産登録年1992年

見所樹正群海、諾日朗滝、長海、五彩池、五花海、珍珠灘など

宿泊施設九寨溝賓館、九寨溝貴賓楼飯店、九寨山荘、九竜賓館など


南坪県の岷山山脈にある深い峡谷に広がり、神秘の世界とすらいわれる手つかずの自然が残る秘境。
原生林の中に大小108の湖、Y字の形をした樹正溝、日則溝、則査窪溝という3つの谷に点在しており自然造化の神秘的な景観が堪能出来ます。
主な景勝地域は約80㎞に渡ります。



驚くべき水の透明度は、岩に含まれたカルシウムの影響だと言われています。
鏡のように光を反射して輝く水面は驚くほどの美しさ。
岩のすき間を流れる水、崖から流れ落ちる水など、回りを散策するだけでも、同じ場所とは思えない程の表情豊かな景観を楽しめます。
溝の最も奥の標高は3100m、10月の平均最低気温は2℃、平均最高気温は14℃で涼しく、冬季を除いて年中観光に適しています。

また雄大な山の眺めも、この地の見所のひとつ。
夏でさえ山の頂には雪があり、年中通して様々な景色が楽しめるのも魅力です。
高山植物や漢方薬草の宝庫であり、動物の生存に優れた環境を提供しているのも特徴。
年々その数を減らしているジャイアントパンダやレッサーパンダを始め、金糸猿、カモシカも生息しています。
まるで天然の動物園のようであり、統計によると、170種類の脊椎動物と141種類の野鳥が生息しています。
九寨溝は元々チベット民族の居住地で、古めかしい水車、ヤクの群れ、五色の経播など、チベット民族の風情をなしています。
世界遺産登録に加え、1997年の世界の「人間と生物圏」保護ネットワークに受け入れられ、国際的にも評価の高い景勝地となりました。
今日では「黄山から帰って岳を見ず、九寨溝から帰って水を見ない」と言われ始めたほどその見事な景観には定評があります。
風景区の中では、無料バス(混合積載)で移動できますので年齢、性別を問わず九寨溝の絶景を楽しめます。

黄龍(こうりゅう)

所在地四川省成都から北へ400㎞

標高3100~3600m

世界遺産登録年1992年

見所迎賓彩池、金沙舗池、玉翠彩池、映月彩池、五彩池など

宿泊施設琴爾磋賓館(黄龍)、 大陽河大酒店(松藩)など


岷山山脈の主峰。標高5588mの雪宝丁を望む玉翠湖のほとりに、深い亀裂を成して出来た渓谷「黄龍」。
樹海に囲まれた中に広がるエメラルドグリーンの湖沼群は不思議な輝きをたたえています。
地表に露出した石灰岩層にできた池が傾斜した地形のまま段々畑のようになっており、その数はおよそ3000以上にも及ぶ。池の深さや光線の加減で緑黄色の濃淡が微妙な変化を見せます。
地名の由来となっている明代創建の「黄龍寺」、最も奥には「黄龍後寺」が残り、その背後には樹海に取り囲まれた黄龍彩地群が広がります。
中でも100以上の池がある石塔鎮海は特に見事な美しさです。
池には透き通った水が溢れ、光沢のある谷底の岩が起伏しながら峡谷を曲がりくねっている様子が、まるで黄色い龍が岩を駆け抜けるように見えたことから、黄龍と呼ばれるようになりました。

いくつもの池は龍の鱗のように見え、「人間瑤地(この世の仙境)」という石碑が立てられる程の絶景です。
この地を訪れた観光客は、龍の頭となっている展望台を目指して、龍の大きな背中を歩きます。
周囲には、黄山白樺やヒマラヤ杉などが樹海のように広がっていて歩きながら白い雪山の眺めを堪能できます。
道は緩やかな登り坂になっていますが、往復8㎞近い距離なので何度も休みながら進みます。
特に高山病への配慮が必要な山ですから、とにかくゆっくりとコースを熟知した自然ガイドの案内で歩きます(今回、往路はロープウェイ利用)。


神仙池


所在地九寨溝から75㎞

標高2500~2800m

世界遺産登録年1992年

見所金銀灘、仙女池、神蛙池、青龍海など


2003年9月にオープンした神仙池風景区は九寨溝と黄龍の景観を併せ持つと言われるように高山湖とカルシウム化した池から成っています。
サイズは九寨溝の5分の1、黄龍の5分の2です。
全体で1200余りの湖水と竹林からなります。
九寨溝や黄龍に比べると観光客が少ないため静かな雰囲気の中で美しい紅葉の季節の風景をお楽しみ頂けます。


都江堰


所在地成都市内の都江堰市


チベットの東側に広がる成都平原の蜀の国は温暖な気候のお蔭で豊かな土地でしたが、この地を悩ませていたのが洪水と干ばつでした。
そこで氾濫を引き起こす岷江の治水を目的として蜀の太守・李冰、及びその息子の李二郎により紀元前250年ごろに完成した古代ダムで、その建築技術には驚かされるばかりです。
2000年にユネスコの世界遺産に登録されました。


成都市内観光

中国四川省の省都で豊かな成都平原の中にあり「天府の国」と呼ばれてきました。
人口は市内だけで1400万人に及び、中国では北京、上海、香港、重慶に続く大都市でもあります。
今回の旅では四川省のシンボルとも言えるパンダの繁殖を図るために設置された成都ジャイアントパンダ繁殖研究所、さらに四川料理としては欠かすことができない麻婆豆腐の発祥地である陳麻婆豆腐のレストランで本場の味に舌鼓をうちます。



<高山病対策>

高山病(高所低酸素症候群)は急激な高度の上昇により引き起される頭痛や吐き気などに始まり、重篤化した場合は脳浮腫や肺気腫に陥ることもある、あらゆる症状を総括した症候群です。
九寨溝や黄龍といった3000mを越す場所での観光や、2300mを越す場所での宿泊の場合は注意が必要です。
従って標高が低い成都からの移動に飛行機を使うことはかなり危険と言えます。
今回はこの間の移動は敢えて専用車による陸路で徐々に高度を上げていき、もっとも標高が高い黄龍は最後に訪れることで発祥のリスクを押さえます。
また、血中酸素濃度を容易に測れるパルスオキシメーターを携行しご参加者の体調の把握に努めます。
また高山病に効果があると言われるダイアモックスの準備もしております。
現地ではもしもの場合に備えて酸素ボンベも準備いたしますが、観光ツアーによく見られる携帯式酸素ボンベの使用は却って高度馴化を遅らせお客様の負担を長引かせることが多いため、現地での購入のご案内までにとどめます。
高山病への対策はお水を積極的に飲む、入浴はせずシャワーのみにする、仮眠は避けるなどが上げられます。
いずれにしましても高所経験豊富なガイドが同行しますので、その指示に従っての行動をお願い申し上げます。

携行品リスト

品名 特徴など ◎必要物
△便利物
パスポート 一番重要な携行品です。旅行中も大切に携帯して下さい。
軽登山靴/ 厚底スニーカー 最も適した靴は軽登山靴やトレッキングシューズです。
捻挫予防のため足首まで保護できるタイプをお勧めします。 
お持ちの方は是非ともお持ちください。
スニーカーや運動靴でもご参加は可能ですが、滑りにくい深い溝があるものをご準備ください。
また、いずれの場合も雨天に備えて撥水スプレー等事前のお手入れを十分にお願いします。
街歩き・観光用にもう一足あれば快適です。
靴下 速乾性に優れたものが快適です。
雨具
(防風兼用)
雨が多い地域です。
上下別のセパレート型をお勧めします。
素材はムレを最小限に防ぐ透湿性防水素材のもの、例えばゴアテックス製が最適です。
ビニール製のものは蒸れて不快です。
足元が見え辛いポンチョもお勧めできません。
リュック
(ザック)
ハイキングには両手が使え、しかもバランスの良いリュック(ザック)を必ずお持ちください。
雨具・水筒・貴重品・カメラ等が充分入れば20リットル前後のサイズで充分です。
学校の遠足などで使うようなリュックでも充分です。
バランスが悪くなるショルダーバックなどでの歩行はお控えください。
ザックカバー リュックやザックへの雨の進入を防ぐ便利な物。
お持ちでなければ雨天に備えて撥水スプレーでのお手入れをお願いします。
また、内部に大きなビニール袋を入れて、その中に物を入れるようにすれば雨天時はさらに安心です。
水筒 500ccから1リットル程度。寒い場合に備え保温の効くテルモスはお勧め。
尚、現地ではペットボトルのミネラルウォーター(500cc)を1日・1本お渡しします。
帽子 丸型のハット、野球帽型のキャップどちらでも結構です。
手袋 風や雨に濡れと寒くなる場合や、転倒時のケガ予防のためにもあると安心です。
軍手よりも速乾性のある化繊のものをお勧めします。
下着 ハイキングには綿よりも雨や汗などの吸水拡散性のある物が適します。
綿製品は濡れると乾きにくく体温も奪います。
但し、宿泊時の着用は、綿製品でも大丈夫です。
長袖シャツ 転倒時のケガ予防のために、また日焼け予防のため長袖がお勧めです。
ズボン 膝が楽に動かせる、伸縮性のある物をお勧めします。
伸縮性/速乾性がないメンパンやGパンなどは不適当です。
防寒具 標高4000mに近い場所を訪れますので防寒具は必携です。
また朝晩も冷え込みます。
セーターか、軽くてかさばらないフリース素材の物をお持ち下さい。
厚いものを一つ準備するよりコンパクトになる物と、暖かいものの重ね着が調整もしやすく、結果として体力の消費を防ぎます。
ストック 歩行時(特に下り)に、膝への負担を軽減します。
あれば便利な物です。
最近は両手に持つダブルストックが主流になってまいりました。
木道歩きが多いですからストックの先のカバーを付けてお使いください。
スパッツ 雨天時の靴への雨の進入を防ぎます。あれば便利な物です。
観光の際に雨が降れば傘が必要になりますし、ハイキングでも傘の方が快適な場合もあります。
折り畳み式で、骨の部分が強化され軽いものがあります。又、日傘としても利用可能です。
常備薬 風邪薬・胃腸薬・整調剤・キズ薬・乗り物酔い止め・持病の薬など。
高山病の典型的な症状である頭痛に備えて頭痛薬は必ずお持ちください。
軽食類 九寨溝と黄龍エリアは高所ですので食欲減退を感じる方もいらっしゃいます。
お好きなもので嵩張らないもの、腐敗しにくい物をご準備ください。
お湯で作れるカップ麺やお味噌汁などはお勧めです。
ビニール袋 何かと便利ですので、大きさの違うものを何枚かお持ち下さい。
カメラ

とにかく自然の景観が素晴らしいですので、撮影枚数が多くなりがちです。
デジタルカメラをお使いの方は充電の準備をお勧めしますが、コンセントの形状が異なりますのでご注意ください(「電圧」をご参考ください)。

備品① タオル・トイレットペーパー・洗面用具・時計・旅程表・現金
備品② サングラス・日焼け止めクリーム など。

●国際線の航空機に無料で預けられる荷物の重量はお一人様20kgまでです。軽量化にお努め下さい。
ガスカートリッジや携帯用酸素、ガス式虫除けスプレー、スプレー化粧品、スポーツスプレー(筋肉痛予防品など)等は機内持込手荷物、委託荷物(スーツケース内)のいずれもお持ち込みはできません
従いましてガス式のスプレーはすべてお持ち頂けませんのでご注意ください。

作成・文責:(株)ブループラネットツアー 今長谷啓享

ニュージーランド、ヨーロッパの洗練された大自然、南米やアフリカ、南極の豪快な大自然を思う存分、堪能できる贅沢なツアーです。

大人数の団体ツアーではなく、ほとんどの旅は14名定員の少人数ツアーです。
旗を目印にイヤホンガイドを付けてぞろぞろ歩く旅ではありません。

ブループラネットツアーのツアーは、多くの観光を入れて一見お徳に見えるようなツアーではありません。
たくさん訪問するように見えても実は車窓観光や、ほとんど滞在時間がないツアーが目立つのが観光旅行。訪問地が多いことは移動の多さと滞在時間の短さにつながり、旅のクオリティ(質)が下がります。観光地にはゆっくり滞在していただきたい!お客様の思い出つくりを考えて作った旅の世界です。

スイス観光などで見られるいわゆる『おまけのハイキング』ではないハイキングが楽しめます。
元日本山岳ガイド協会認定ガイドが「歩いて本当に良かった!」と思っていただけるコースを厳選しています。

世界の大自然を体験できる!世界探訪プラン(GLOBAL NATURE CLUB)

  • マチュピチュ遺跡登頂ハイキングとナスカの地上絵

    ツアー日程:2017年6月23日(金)~30日(金)募集中

    憧れの世界遺産で感動のハイキング&充実の遺跡観光

  • 絶景の山上ロッジに泊まるスイスハイキング

    ツアー日程:2017年7月15日(土)~23日(日)募集中

    スイス三大山岳リゾートを満喫する旅

  • ヨーロッパ・アルプスを歩きつくす

    ツアー日程:2017年8月1日(火)~11日(金)募集中

    ツールドモンブラン&ツェルマット&グリンデルワイドハイキング

  • 101秒間 奇跡の天体ショー アメリカ 皆既日食 8日間

    ツアー日程:2017年8月19日(土)~26日(土)募集中

    アイダホフォールズ皆既日食を鑑賞し、イエローストーン&グランド・テイトン国立公園を訪れます

  • 原猿たちとバオバブの樹マダガスカル&インド洋のパラダイスモーリシャス

    ツアー日程:2017年9月9日(土)~11日(月)募集中

    マダガスカルの特異な自然&ヨーロッパ的な高級リゾート地のモーリシャスをめぐる旅

  • 真っ赤な紅葉黄金の黃葉秋の東西カナダ

    ツアー日程:2017年9月21日(木)~28日(木)募集中

    カナダで紅葉狩り&大氷原とナイアガラの滝観光の旅

  • 紅葉のアドリア海の真珠

    ツアー日程:2017年10月7日(土)~16日(月)募集中

    中欧四カ国 スロベニア・クロアチア・ボスニアヘルチェゴビナ・モンテネグロをめぐる旅

  • 初企画!!ついに世界最大の滝エンジェルフォールの滝口に立つ

    ツアー日程:2017年10月21日(土)~30日(月)募集中

    ギアナ高地にある世界最大の滝エンジェルフォールを始めとした大自然を満喫する旅

  • 最後の大陸へ南極上陸クルーズ

    ツアー日程:2018年2月18日(日)~3月2日(金)募集中

    究極の絶景と野生動物の世界を訪れる旅

NEWS TOPICS
  • おすすめのツアー(世界探訪プラン)
  • 絶景を楽しむツアー(LIFEプラン)
  • オーダーメイド旅行
  • 旅の記録レポート
  • 旅の写真館
  • 航空券販売
  • 航空券販売
  • 航空券販売
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • メールマガジン
pagetop