旅行プランのご案内

アメリカ・グランドサークル縦断の旅 9日間

★ツアーの特徴★

①グランドサークル・ハイキング

スケールの大きな自然が魅力のアメリカの国立公園。その中でもグランドサークルはあの有名なグランドキャニオンをはじめ、桁違いの風景が人々を魅了します。今回は展望台からの観光ではなく、ハイキングを楽しむことでその雄大な自然の世界をたっぷりと楽しみます。初心者向けのハイキングですからお元気な方ならどなたでもご参加いただけます。展望台からの観光ツアーでは決して感じることができないハイキングツアーです。

②駆け足ではない国立公園めぐり

規模が大きく、ほとんどのツアーでは移動時間ばかりの駆け足観光になりがちですが、今回はソルトレイクから入ってラスベガスに抜けることで効率的な移動、さらにモアブでは連泊するなど、可能な限りゆったり滞在して素晴らしい国立公園を訪れます。

③ゆったりグランドキャニオンの朝日鑑賞!

グランドサークルの代表・グランドキャニオン。多くのツアーでも朝日鑑賞に出かけますが時間がないと朝日を出たのを見たらもう移動開始。でも、グランドキャニオンの朝日ショーは陽が登った後が肝心です。地平線から登った朝日が徐々に深い谷間に差し込み始め、明るいエリアとかげのエリアの対比を楽しむ時間は比べることができないグランドキャニオンの魅力です。

④グランドサークルの秘境『ホワイトポケット』

世界の絶景を紹介する番組でもたびたび紹介される『ザ・ウェーブ』は残念ながら「くじ」に当たらないと入場できないのですが、今回はザ・ウェーブによく似た風景で、しかも規模が大きく、くじ引きも不要というグランドサークルの新名所ホワイトポケットを訪れます。

⑤モニュメントバレイにアンテロープもゆったり観光!

フォトギャラリー

撮影:今長谷啓享

ツアーの行程

1日目

  • 福岡→成田(16:40 発)→シアトル →ソルトレイク→モアブ

宿泊:モアブ泊

2日目

  • (8:00 頃発)
    モアブ→アーチーズ国立公園→モアブ(17:00 頃)
    午前デリケートアーチハイキング(歩行4 時間 約5km 標高差146m)
    午後バランスロックやウィンドウズセクションなどの絶景も観光

宿泊:モアブ泊

3日目

  • (8:00 頃発)
    キャニオンランズ国立公園→キャピトルリーフ国立 公園観光→トレイ(18:00 頃着)
    午前キャニオンランズではデッドホースポイントを観光します。
    午後キャピトルリーフでは延々と続く奇岩の中のドライブ

宿泊:トレイ泊

4日目

  • (8:00 頃発)
    トレイ→ ブライスキャニオン国立公園→カナブ(18:00 頃着)
    終日インスピレーションポイント、ブライスポイントを観光します。
    「クイーンズガーデン&ナバホループトレイル」を歩きます。(歩行3時間・約6km・標高差約160m)。
    サンセットポイントからウォールストリート、クイーンズガーデン、サンライズポイントまで歩きます。
    両脇に壁が迫るウォールストリートは圧巻。

宿泊:カナブ泊

5日目

  • (8:00 頃発)
    カナブ→ホワイトポケット→アンテロープ→レイクパウエル(18:00 頃着)
    午前ザ・ウェーブに似たホワイトポケットは白い溶岩流のような文様が見事。まだ訪れる人も少ない秘境中の秘境です。 午後:アンテロープは静かなロウアーアンテロープを訪れます。
    コロラド河を馬蹄形の急カーブで削ったホースシューベント観光

宿泊:レイクパウエル泊

6日目

  • (8:00 頃発)
    レイクパウエル→高さ300m以上もあるビュートの風景が広がるモニュメントバレイ→グランドキャニオン(17:30 頃着)
    午前モニュメントバレイではジョンフォードポイント、スルーシスターズ、キャメルビュートを訪れます。
    夕方グランドキャニオン国立公園の夕暮れの風景を楽しみます。

宿泊:グランドキャニオン・サウスリム泊

7日目

  • (5:30 頃発)
    グランドキャニオン ラスベガス(18:00 頃着)
    朝日が昇るグランドキャニオンでは日の出後の谷間に陽が当たり始めた場所と影の部分のコントラストが最大の見物です。 午前:グランドキャニオン・シーダリッジ往復ハイキング(約3時間・約5km・標高差約 460m)。高度感と規模を実感できます。

宿泊:ラスベガス泊

8日目

  • (7:15 発)
    ラスベガス→シアトル→日付変更線通過→成田(14:40 着)→福岡
旅行代金

(9/1現在)

成田発 498,000円
福岡発 518,000円
別途 成田空港施設使用料 2,610円
現地空港税 8,710円
燃油サーチャージ 14,000円
ツアーの詳細
  • 利用航空会社デルタ航空 
  • 最少催行人員10名(定員18名) 
  • 食事朝6回・昼6回・夕7回
  • 宿泊ホテル
    モアブ : スーパー8、 トレイ : ディズイン・トレイ
    カナブ : ディズイン・カナブ
    レイクパウエル   : レイクパウエル・リゾート
    グランドキャニオン : ヤバパイロッジ
    ラスベガス      : エクスカリバーホテル&カジノ

  • 案内人福岡空港から成田空港最終集合で今長谷が同行予定です。

歩行レベル : 初級ハイキング

(日頃からお元気に歩いておられる方向け)

歩行レベルと装備について

受託販売 株式会社ブループラネットツアー
福岡県知事登録第3-771号
福岡県福岡市中央区薬院3-16-27 薬院ビル4階
旅行企画・実施 株式会社ツアーコラボ
観光庁長官登録旅行業第1種1814号
(旅行条件書)取引条件説明書(PDF) / 旅行業約款(PDF)
現地事情
アメリカ・グランドサークル現地事情

時 差

今回訪れる公園群はユタ州とアリゾナ州にあり、どちらも山岳標準時と呼ばれる時間帯に属しています。

ユタ州

通常は日本より16時間遅れていますが、夏時間の実施期間中(4月の第一日曜日~10月の最終日曜日まで)のため15時間遅れです。例えば日本の午後3時(15時)は現地時間の同日の午前零時(0時)にあたります。
※今回訪れる公園:ブライスキャニオン、ザイオン、デッドホースポイントなど

アリゾナ州

夏時間を採用していないため、日本より16時間遅れです。(ユタ州より1時間遅くなります。)
※今回訪れる公園:グランドキャニオン、ザ・ウェーブ(くじ次第)

公用語

英語。日本語はほとんど通じませんが、現地ガイドは日本語が堪能です。

電 圧

電圧110~115ボルト

周波数60ヘルツ

プラグAタイプ

日本の電気製品はそのまま使えます。ただし若干日本より電圧が高い為、長時間の使用で製品によっては熱をもったり、破損する場合があるので注意が必要です。
最近のデジカメ充電器などは多様な電圧に対応しているものがほとんどです。
ご出発前に仕様の確認をお勧めします。

通 貨

単位

$(ドル) 
1$=100¢(セント)=約120円(2015年10月1日現在)

通貨の種類

紙幣:1、5、10、20、50、100ドル
硬貨:1、5、10、25、50セント

米ドルの現金をご用意下さい。
日本出発前の両替が両替率は有利です。
今回は全ての食事が含まれ、オプションもございません。
お飲物代などの支払いだけですので、お土産代を除けばお一人10000~20000円程度の両替で充分です。
クレジットカードやトラベラーズチェックも利用できます。
特に、クレジットカードは、ショッピングなどに大変便利です。

治 安

このエリアは一般的にアメリカ国内では治安は良いと言われておりますが、貴重品などの管理にはご注意下さい。
ホテルではお部屋に入られたら必ずロックをして見知らぬ人を部屋に入れないようにして下さい。
尚、ラスベガスなどの大都会や空港では十分な注意が必要です。

チップ

通常、ホテルでのピローチップ(枕銭)はお一人1米ドルが目安となります。
また、お食事の際やタクシーに乗られた時、ルームサービスを頼まれた時には、その料金の15%程度、タオルや毛布の追加を持ってきていただいたり、お湯をいただいたりした時にも1米ドル程度をありがとうの気持ちとともにお渡し下さい。

ホテル

今回はアメリカらしいモーテルを中心に宿泊いたします。
広々としたベッドなど快適にお過ごしいただけますが、日本のホテルのようにスリッパ、寝間着、飲料水などの備え付けはございません。
また、場所によっては、バスタブは付いてなく、シャワーのみの場合もございます。予めご了承下さい。
ポーターがいませんので各自の荷物の運搬などご協力をお願い致します。

食 事

今回の旅行では事前にレストランを予約して決まった食事をとる場合と、途中のレストランに予約無しで入り、お客様のお好きな物をご注文していただく場合がございます。
アメリカの食事は大味で、また量も多い場合もございます。
食事の中心はステーキなどの肉料理が中心ですが、ピザやハンバーガーなどの軽食もアメリカの食文化といえるでしょう。

気 候

場所と季節によって気温も大きく異なり、また天候が変りやすいのも特徴です。
一日の気温の差もかなりあります。
今回訪れる時期は晩秋にあたり朝はかなり冷え込みます。
一方昼間は天気がよければ温かく、歩いていると汗ばむほどの陽気になる場合もございます。
いずれにしても気温も天候も変化が大きい土地ですから、あらゆる場合を想定した準備が必要です。
ただし降水量としては多くはありません。
ちなみにラスベガスは砂漠気候ですがこの時期は気温も落ち着いた時期です。

平均気温(℃)と降水量(mm)

都市名 平均 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ラスベガス 最高 14 17 20 25 31 38 41 40 35 28 20 14
最低 1 4 7 10 16 21 25 23 19 12 6 1
降水量 12 12 11 5 7 3 9 12 7 5 11 10
ザイオン 最高 11 14 17 23 28 34 38 36 33 26 17 12
最低 -2 -1 2 6 11 16 20 19 16 9 3 -1
降水量 41 41 43 33 18 15 20 41 20 25 30 38
ブライスキャニオン 最高 4 5 8 13 19 24 28 27 23 17 11 -6
最低 -13 -11 -8 -4 -1 3 8 7 3 -2 -7 -12
降水量 43 36 36 30 20 15 36 56 36 36 30 41
グランドキャニオン
(サウスリム)
最高 5 7 11 16 21 27 29 28 24 18 11 6
最低 -8 -6 -4 0 4 8 12 12 8 2 -3 -7
降水量 34 39 35 24 17 11 46 57 40 28 24 41

観光地案内

ブライスキャニオン


グランドキャニオンやモニュメントバレーに比べても決して引けをとらない魅力を持ち、アメリカ国立公園ランキングでも2位に位置するのが、ブライスキャニオンです。知名度はまだそれほどありませんが、行ってみると100%の満足度を味わえます。

ブライスキャニオンは州内の他の国立公園と比べると小さいので、逆に見所が集中している分、ハイキングに適しています。
一般観光ツアーではビューポイントから眺めるだけですが、キャニオンの下へ降りて見所をじっくり歩きます。

ここでの景色は想像を絶するもので、赤、白、茶など様々な色彩を持つ岩の塔が無数に立ち並び、太陽の光を受けて刻々とその表情を変えていく神秘的な場所でもあります。
自然の作り出した造形美に朝夕の斜光が照らされる姿は素晴らしいものです。


ブライスキャニオンの中でも代表的なトレイル「クイーンズガーデン&ナバホループコンビネーショントレイル」(約6Km・約3時間・標高差約160m)のハイキングを楽しみます。
サンライズポイントからクイーンズガーデン、ウォールストリート、サンセットポイント、インスピレーションポイントへと歩きます。
両脇に壁が迫るウォールストリートは圧巻です。

ザイオン


地質学的に言うと、ザイオンはグランドキャニオンより5億年ほど後にできたそうです。
あまり実感はわきませんが、どちらもアメリカ西部に現存しながら5億年という時間の差を目の当たりにできるのは、とても興味深いようにも感じられます。
ザイオンの魅力は他に類を見ません。
高さ500mから700mの岩山が上から覆いかぶさってくるような迫力は、ザイオンならではの体験です。

園内にはシャトルバスが走り、年間300万人の来場者のほとんどがこのシャトルバスを利用して園内を廻ります。
今回はこのシャトルバスを利用してザイオンの素晴らしい景色を楽しみます。


今回はザイオンの一番奥にありますリバーサイドウォークを歩く予定です。
ナロウズと呼ばれる川歩きの出発点までの快適な歩道歩きです。
※川歩きはしない予定です。
(約3.2km・約2時間・標高差約17m)

アンテロープキャニオン


アンテロープキャニオンはアッパーとロウワーの2つに分かれており、ユタ州との州境、アリゾナ州ペイジの東にあります。
エリアが狭く、国立公園でも州立公園でもないのですが、太陽光が渓谷内に差し込む時の幻想的な美しさで非常に人気があります。

ナバホの言葉で「水が流れ出す場所」という意味のツェー・ビガニリニと呼ばれるアッパー・アンテロープキャニオンははしごを使って渓谷内に降りることもなく、素晴 らしい光景を楽しむことができるので多くの人々が訪れます。

この特徴的な美しさは長い年月をかけて、激流と風の浸食によって形成されました。
その岩床の広さは1~3mと狭く、深さは最大50m近くにもなります。


アッパーでは往復コース、ロウワーキャニオンでは一方通行の観光コースを歩きます。
悪天時や鉄砲水が起こる恐れがある場合にはキャニオンが閉鎖されますので、コースが変更になる場合があります。

グランドキャニオン


いまさら説明するまでも無く世界的に有名な大峡谷『グランドキャニオン』。初めてその淵に立ち、壮大な渓谷を見下ろした時の強烈な感動は、きっと忘れられないものとなるでしょう。
深さは1600m超、幅15kmにも及ぶスケールです。
展望台から目にするのは、全長460kmの、ほんの一部でしかありません。
今回は地に足をつけてこの雄大なロケーションを堪能します。
深く刻まれた渓谷は20億年もの地球の歴史を物語ります。

壮大なキャニオンを様々な角度から見せてくれるハイキングは、誰をも「本当に来て良かった」という気持ちにさせてくれます。
運が良ければ絶滅危惧種「カリフォルニアコンドル」が雄大に飛ぶ姿を目にすることが出来ます。


トレイルヘッドから約2.4Kmほどの地点にある、サウスカイハブトレイルのシーダリッジまで往復ハイキング(約5km・約3時間・標高差約460m)を楽しみます。
スイッチバックを繰り返しながら渓谷内へと下っていきます。
シーダリッジからは雄大な渓谷の展望が広がります。

モニュメントバレー

数々の映画やCMの舞台として登場し、アメリカの原風景と呼ばれる風景が広がります。
ナバホ族居住地内にあり、ナバホの人々により管理されている公園です。
赤茶けた大地と青空のコントラス、その中に立つ高さ300mに及ぶビュート(残丘)の風景は感動的な印象を残します。
今回は時間を見ながらジープツアーに参加して、このアメリカらしい風景を満喫します。

ザ・ウェーブ  (くじ引きの結果では訪れません)

アリゾナ州・バーミリオン・クリフ国定公園のコヨーテ・ビュートにある砂岩層です。
この場所を有名にしているのはもちろん、その圧倒的な造形美。
波のように渦巻く砂岩の層は、固まってできた砂丘を鉄砲水が侵食し、鉄を多く含む地層を露出させたことがその成り立ちです。地球の他の地域ではまずみることができない、その不思議なグラデーションは違う惑星に立ったかのような感覚にさせてくれます。
さらにこの地域への憧れをくすぐるのは入場制限。
1日の立ち入り人数は20人に制限されています。
非常に高い競争率の末に、運よくくじにあたった者のみが目にすることができるというまさに奇跡と幸運の絶景なのです。


<重要>

ザ・ウェーブはグループとしてくじを引きます。
したがって個人で当たって個人で入場ということはございません。
くじが当たらなかった場合は予定通りのエリアでの観光・ハイキングを楽しみます。
くじは非常に競争率が高く、当たる確率は残念ながらかなり低いものと言えます。
全て外れた場合でもご返金などの対象にはならないことをご承知おきください。

携行品リスト

品名 特徴など ◎必要物
△便利物
パスポート これが無いと出国できません。
旅行中もなくさないよう大切に。
◎◎
軽登山靴 捻挫予防のため足首まで保護できるタイプが良い。
撥水スプレー等事前のお手入れを十分にして下さい。
街歩き用の靴を別にご準備されると便利です。
スニーカーでも参加は可能ですが適当とは申せません。
靴下 吸湿速乾性やクッション性の高いもの。
雨具
(防風兼用)
上下別のセパレート型。素材はムレを最小限に防ぐ透湿性防水素材。
例えばゴアテックス製がベスト。
気温も高い地域ですからビニール製は不適当です。ポンチョ式はお勧めできません。
リュック 目安は25リットル程度。デイバックで充分です。
手がふさがり、バランスの悪いショルダーバックでのハイキング参加はご遠慮ください。
リュックカバー リュックへの雨の浸入を防ぐ、あれば便利な物。
水筒 1リットル程度の物。保温タイプの物は寒い日には重宝します。
帽子 丸型のハット、野球帽型のキャップどちらでも良いのですが必要です。
キャップ止めがあると便利です。
日差しが強いので必ずお持ち下さい。
手袋 風や雨に濡れと寒くなる場合や転倒時のケガ予防のためにも必要。
下着 重要な装備の1つです。
行動中は、綿よりもダクロンなど吸水拡散性のある物が良い。
綿製品は濡れると乾きにくく、体温を奪います。
但し、宿泊時の着用は、綿製品でもOKです。
シャツ 転倒時のケガ予防のためにも、長袖をお勧めいたします。
ズボン 速乾性に富み、膝が楽に動かせる伸縮性のある物が良い。
Gパンや綿パンは乾きが遅く、伸縮性も著しく劣りますから不適当です。
防寒具 朝晩や飛行機の機内は冷え込みます。
セーターか、軽くてかさばらないフリース素材の物が最適です。
気温に合わせて準備しましょう。
ヘッドランプ 探検に行くわけではありませんが大自然に入る場合は重要な非常装備です。
両手が使えるヘッドランプがベストです。
懐中電灯でも可。
電池の残量のチェックをして下さい。
必ずご持参下さい。
ストック 歩行時(特に下山)に膝への負担を軽減する、あれば便利な物です。
観光の時間もありますし、日本出発前後で使う場合もございます。
折畳式で、骨の部分が強化され軽いものがあります。
日傘としても利用可。
常備薬 かぜ薬・胃腸薬・整腸剤・キズ薬・乗り物酔い止め・持病の薬など。
虫除け 場所により蚊やブラックフライ(服の上からでも噛むハエ)が発生する事もあります。
日本製のものは効き目があまりありません。
必要と思われる場合は、現地で購入できる場所へご案内します。
軽食類 非常食・行動食など。好きなものでかさばらない物。腐敗しにくい物。
ビニール袋 濡れた衣類を入れるなど、何かと便利です。
日焼け止め

日差しが強いので、日焼け止めクリームやリップクリームを。

サングラスもあったほうが良いでしょう。
備品① タオル・トイレットペーパー(ハイキング時)・洗面用具・時計・旅程表・現金
備品② 地図・コンパス(磁石)・寝間着・スリッパ・水着・双眼鏡など。
スーツケースなど アメリカに出入国する際はスーツケースなどにカギをかけることができません。
(TSAロックのものは施錠可) 荷物をしっかりと留めるベルトなどを必ずご持参下さい。
TSA対応のベルトも販売されています。

作成・文責:(株)ブループラネットツアー 今長谷啓享

旅の記録

アメリカグランドサークル横断の旅9日間旅の記録

谷に光が差し込む風景が本当にすばらしい。 大自然の迫力を楽しみました。


ニュージーランド、ヨーロッパの洗練された大自然、南米やアフリカ、南極の豪快な大自然を思う存分、堪能できる贅沢なツアーです。

大人数の団体ツアーではなく、ほとんどの旅は14名定員の少人数ツアーです。
旗を目印にイヤホンガイドを付けてぞろぞろ歩く旅ではありません。

ブループラネットツアーのツアーは、多くの観光を入れて一見お徳に見えるようなツアーではありません。
たくさん訪問するように見えても実は車窓観光や、ほとんど滞在時間がないツアーが目立つのが観光旅行。訪問地が多いことは移動の多さと滞在時間の短さにつながり、旅のクオリティ(質)が下がります。観光地にはゆっくり滞在していただきたい!お客様の思い出つくりを考えて作った旅の世界です。

スイス観光などで見られるいわゆる『おまけのハイキング』ではないハイキングが楽しめます。
元日本山岳ガイド協会認定ガイドが「歩いて本当に良かった!」と思っていただけるコースを厳選しています。

世界の大自然を体験できる!世界探訪プラン(GLOBAL NATURE CLUB)

  • マチュピチュ遺跡登頂ハイキングとナスカの地上絵

    ツアー日程:2017年6月23日(金)~30日(金)募集中

    憧れの世界遺産で感動のハイキング&充実の遺跡観光

  • 絶景の山上ロッジに泊まるスイスハイキング

    ツアー日程:2017年7月15日(土)~23日(日)募集中

    スイス三大山岳リゾートを満喫する旅

  • ヨーロッパ・アルプスを歩きつくす

    ツアー日程:2017年8月1日(火)~11日(金)募集中

    ツールドモンブラン&ツェルマット&グリンデルワイドハイキング

  • 101秒間 奇跡の天体ショー アメリカ 皆既日食 8日間

    ツアー日程:2017年8月19日(土)~26日(土)募集中

    アイダホフォールズ皆既日食を鑑賞し、イエローストーン&グランド・テイトン国立公園を訪れます

  • 原猿たちとバオバブの樹マダガスカル&インド洋のパラダイスモーリシャス

    ツアー日程:2017年9月9日(土)~11日(月)募集中

    マダガスカルの特異な自然&ヨーロッパ的な高級リゾート地のモーリシャスをめぐる旅

  • 真っ赤な紅葉黄金の黃葉秋の東西カナダ

    ツアー日程:2017年9月21日(木)~28日(木)募集中

    カナダで紅葉狩り&大氷原とナイアガラの滝観光の旅

  • 紅葉のアドリア海の真珠

    ツアー日程:2017年10月7日(土)~16日(月)募集中

    中欧四カ国 スロベニア・クロアチア・ボスニアヘルチェゴビナ・モンテネグロをめぐる旅

  • 初企画!!ついに世界最大の滝エンジェルフォールの滝口に立つ

    ツアー日程:2017年10月21日(土)~30日(月)募集中

    ギアナ高地にある世界最大の滝エンジェルフォールを始めとした大自然を満喫する旅

  • 最後の大陸へ南極上陸クルーズ

    ツアー日程:2018年2月18日(日)~3月2日(金)募集中

    究極の絶景と野生動物の世界を訪れる旅

NEWS TOPICS
  • おすすめのツアー(世界探訪プラン)
  • 絶景を楽しむツアー(LIFEプラン)
  • オーダーメイド旅行
  • 旅の記録レポート
  • 旅の写真館
  • 航空券販売
  • 航空券販売
  • 航空券販売
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • メールマガジン
pagetop