旅行プランのご案内

アメリカ グランドサークル縦断の旅9日間

旅の記録(2016年9月27日~10月5日)

9月27日(火)

グランドサークルへの旅がスタート!
さくさくとデルタ航空の搭乗手続きを済ませて機中の人になりました。
機内ではお酒も飲めるし映画も観て8時間少々のフライトで嘗てイチローが活躍したシアトル到着。
ここで入国手続きと荷物の通関手続き・・面倒くさいのは仕方ないにしても時間が掛かる。
走って接続便のゲートへ向い、再びデルタ航空のやや小型機に乗り換えて、最終目的地のソルトレイクシティへ。
砂漠の真ん中にある巨大な塩湖の町・ユタ州の玄関口の街・ソルトレイクシティに到着!

荷物受取所で今回のガイド兼ドライバーをするブライアン・シャーリー氏と合流。私は2年ぶりの再会でした。
空港内循環バスに乗って駐車場へ。
巨大な駐車場で10分くらいかかりました。暑いくらいの駐車場を出て、今回の旅の最初の宿の街・モアブへ向かいました。

事故渋滞に始まった高速道路の旅はやがてアメリカの田舎道へと変わり、途中でサーカス団・リンリンブラザースの列車にも出会いましたね。
アメリカでは知らない人はいないといわれる有名なサーカス団で映画インディージョーンズVol.3 「最後の聖戦」の冒頭シーンに出てくる列車です(是非、この映画は観てくださいね。翌日訪れるアーチーズもこの映画の冒頭の舞台です)。

次第に瞼が重くなっていき、気を失っていたらモアブに到着!
最初の夕食は街中のレストラン。美味しいステーキやソーセージを頂きました!ビールが美味い!

長い一日お疲れ様でした。

9月28日(水)

いよいよグランドサークル観光&ハイキングがスタート!
朝からモアブの街を出て車ですぐのアーチーズ国立公園の入口へ。
なかなかの渋滞で入るのに5分掛かりました。

まずはビジターセンターで軽い勉強&お買い物。
更に車でアーチーズを進むと日本では見ることが出来ない薄いウエーハウスのようなフィンと呼ばれる巨大な岩壁が並ぶ姿。
さらに進むと頭でっかちのバランスロックがありましたが駐車場がいっぱいで後回しにして、ウィンドウズセクションへ。
例のインディージョーンズの冒頭のシーンで使われた有名な風景がドカ~ンと目の前に現れるダブルアーチはその名の通りで二つのアーチが良い感じでそびえていました。
駐車場をはさんで反対側へ歩いたところにはノースウィンドウとサウスウィンドウの二つのアーチが並んでいました。
自然の石橋の芸術の世界が続くこのアーチーズには1mを越すサイズのアーチが2000以上もあるとか。

キャンプグランドの木陰でサブウェイのサンドイッチの昼食を済ませ、今度はその長さが美しいランドスケープアーチへ。
向って右側の足の部分が数年前に落ちてますます細くなったアメリカではもっとも長いアーチでした。
天気が良くて暑いくらいのミニハイキングを済ませ、この日のメインイベントでアメリカの絶景のひとつとして必ず登場するデリケートアーチへの往復ハイキングへ。
1時間少々の上り坂を終えると目の前にデリケートアーチが現れました。
ローマ時代の門のような不思議な形はなんとも魅力的でした。
往復コースのハイキングを完了。

公園を出る前にバランスロックを抑えてからモアブへ戻り、街中のレストランで中華料理の夕食を楽しみました。

9月29日(木)

連泊のモアブの宿を出て、雨が一時強まる中をキャニオンランズ国立公園へ。
標高が高いためか霧がかかり楽しみにしていたグランドビューポイント展望台からのグランドキャニオンを彷彿とさせる風景は見えないか…と諦め半分で展望台へ向うとやはり霧の中。
ところが、切れ間から風景が見えてきたかと思うと一気に風景が拡がって、広大な谷の全景が姿を現しました。
本当にラッキーで感動も倍と言う感じでした。
自然の憎らしいほどの演出というべきでしょうか。
展望台を後にして走り始めるとまた少し雨。 でも、次の訪問地のメサアーチの駐車場に着いたらまた雨は止み、メサアーチに着くとアーチの下から広大な風景を覗くことができるメサアーチ独特の風景を楽しむことが出来ました。

車で国立公園を出てからデッドホースポイントへ。
カリウム工場の青い風景が異様でしたがこちらもコロラド河が谷に刻んだ風景が豪快でした。
崖に沿って歩いた先にはブライアンのピクニックランチが待っていました・・・スープがこぼれて残念。
その後はやや時間があると言うことでブライアンが連れて行ってくれたのがゴブリンバレイ州立公園。
ゴブリンとは悪魔というか鬼というか、そういうものを指す言葉ですが、確かにここは子鬼たちが鬼ごっこをしているような小さな石塔が数限りなく並ぶ不思議が風景でした。 その後はドライブしながらキャピタルリーフ国立公園を走りました。
大雨で一部洪水になっていた場所もあったようですが我々は問題なし。
石壁にナバホなどの先住民が描いた壁画も見ましたね。
夕暮れが迫る中でトーリの街へ。
人口は500人にも満たない田舎町。
それでも我々が夕食を頂いたレストランは待たされるほどの盛況でした。
古きよきアメリカ、西部開拓時代の雰囲気が残るレストランから車で1分?でホテルへ。

9月30日(金)

田舎のホテルを出発して美しい黄葉の山道をドライブ。
陽が当たる場所は黄色言うより黄金に近い感じでした。
更にアメリカでは3本の指に入ると言われる絶景の中を走ってお昼前にブライスキャニオンへ。

お昼ごはんはサラダまたはスープに、焼いたパンのサンドウィッチ!大きすぎ。
午後は全米国立公園人気第2位のブライスキャニオンへ。
突然の雨がまもなく止んでハイキングを楽しみました。
前日のゴブリンバレイの石塔を子鬼としたら、こちらはまさに大人の鬼たちの大運動会。
美しい赤と淡い白も混じる地層、そして目に鮮やかな木々の緑、空は真っ青に白い雲、いろいろな形の造形。
本当に楽しいハイキングだったと思います。
リスたちも運動会。あそこを歩かないで展望台からだけの風景は本当にもったいないと思います。
世界探訪万歳(笑)!!

ブライスキャニオンを後にしてルビーズでお買い物を楽しんだ後、カナブへ。
カナブではメキシコ料理のタコスを食しました。

10月1日(土)

他にはない旅の真骨頂と言えるホワイトポケットへ。
途中で車を4WDに乗り換え、現地ガイドのジェイソンの運転で首の骨も折れんばかりの道を走ること1時間40分でホワイトポケットに到着。
脳みそ岩と呼ばれる白く脱色された岩と赤と薄い赤の地層が重なって海の波のように見える場所を楽しみました。
有名になったザ・ウェーブとよく似た風景だと呼ばれますが私は行ったことがないので分かりません。

そして自由時間に走るように歩き回って水溜りと言う水溜りをすべて探す勢いで見つけたのが生きた化石と呼ばれるアメリカ・カブトエビでした。
それ自体は珍しくなくペットとして飼育もされることもあるようですが、野生のものを見つけたのは収穫でした。
昼食はサラダとバナナでなぜかメインのご飯なし(ブライアン しょんぼり) 再び首の骨を酷使して往路を戻り4WDからいつもの車に乗り換えて、ホースシューベンドへ。
暑かったですね…。 ホースシューは蹄鉄のことです。
汗をかきながら丘を越えて絶景の展望台へ。
柵なども作っていないので怖いくらいでした。
中国からの観光客が多かったですね。

午前中のホワイトポケットの静けさが懐かしい ロウアーアンテロープキャニオンヘ。
昨年とは比べようもないくらい人が増えていました。
午前中のホワイトポケットの静けさが懐かしい。
それでも水と風が作った溝は本当に美しかったですね。あの淡くて赤い色は本当に感動です。

10月2日(日)

朝起きたらこんなに綺麗な場所に泊まっていたのか!と驚くほど綺麗な湖畔のホテルで朝陽が登る風景を楽しみました。

ホテルを出発してこの日は完全に移動だらけ。
モニュメントバレイではナバホのおじさんの案内でマールボロのタバコの宣伝や、最近はコンドロイチンの宣伝で有名なミトンロックの風景などを各所で楽しみました。

昼食はナバホ・タコス…ミニサイズを頼んだのにそれでもでかい!
その後もひたすら車を走らせてついにグランドキャニオンへ!
いくら大きなアメリカの国立公園が大きいと言ってもここのサイズは桁違い! 夕陽鑑賞をはじめとして人の数も桁違い!
夕食のときに丸尾さんが新たな一面を見せる(ダンスが上手い!)


10月3日(月)

朝6時にホテルを出発して朝陽鑑賞へ。
ご来光もすばらしいですが、谷に光が差し込む風景が本当にすばらしいですね。
でも、足元注意!
風が本当に強くてハイキングは短縮してウーアーポイント往復にしましたが、それでも目線が下がって下から見上げるグランドキャニオンの壁も豪快でした。
馬の糞が大量に落ちていて強風で舞い上がるのは砂と、馬糞か?
古きよきアメリカのルート66の街であるウイリアムズとセリグマンに立ち寄ってギャンブルの街・ラスベガスへ。
もう、ど派手の一言!
夕食後は当然ながらギャンブル。と言っても掛け金は30ドル(ブライアンは100ドル)
勝ったのは1名のみ。


10月4日(火)~5日(水)

空港でお世話になったブライアンとお別れ。またね、ブライアン。
あなたはとっても英語が上手なアメリカ人です。
デルタ航空で帰国へ。

最後に…

でっかい、でっかいアメリカ。
その魅力を僅か9日間で、というのは無理がありますが、そのすばらしさを感じていただけたなら幸いです。
数々のご不便もこの場をお借りしましてお詫び申し上げます。
皆様、お元気で!

フォトギャラリー


その他の旅の記録レポート一覧

ニュージーランド、ヨーロッパの洗練された大自然、南米やアフリカ、南極の豪快な大自然を思う存分、堪能できる贅沢なツアーです。

大人数の団体ツアーではなく、ほとんどの旅は14名定員の少人数ツアーです。
旗を目印にイヤホンガイドを付けてぞろぞろ歩く旅ではありません。

ブループラネットツアーのツアーは、多くの観光を入れて一見お徳に見えるようなツアーではありません。
たくさん訪問するように見えても実は車窓観光や、ほとんど滞在時間がないツアーが目立つのが観光旅行。訪問地が多いことは移動の多さと滞在時間の短さにつながり、旅のクオリティ(質)が下がります。観光地にはゆっくり滞在していただきたい!お客様の思い出つくりを考えて作った旅の世界です。

スイス観光などで見られるいわゆる『おまけのハイキング』ではないハイキングが楽しめます。
元日本山岳ガイド協会認定ガイドが「歩いて本当に良かった!」と思っていただけるコースを厳選しています。

世界の大自然を体験できる!世界探訪プラン(GLOBAL NATURE CLUB)

  • 南極上陸クルーズ

    ツアー日程:2017年1月31日(火)~2月14日(火)募集中

    オーシャンダイヤモンドで快適なクルーズやペンギン、アザラシなどの野生動物たちとの出会いを堪能

  • グリーンランドオーロラ

    ツアー日程:2017年2月19日(日)~26日(日)募集中

    高い晴天率と乾燥度を誇るため、最も美しいオーロラが期待できる場所と言われているグリーンランド

  • 微笑みの仏教国ミャンマー

    ツアー日程:2017年3月3日(金)~9日(木)募集中

    世界三大仏教遺跡と呼ばれるバガン。ミャンマー最後の王朝や文化・経済の中心地をゆったり観光

  • ボリビア周遊とウユニ塩湖「天空の鏡」01

    ツアー日程:2017年3月23日(木)~30日(木)催行決定

    塩砂漠と天空の鏡、さらに日の出、夕暮れ、星空などウユニ塩湖の絶景をたっぷり堪能する旅

  • パリ街歩き&モンサンミッシェル絶景の瞬間

    ツアー日程:2017年4月8日(土)~14日(金)募集中

    のんびり歩いてパリを観光する、観光ツアーのパリ旅行とは違う日常のパリの姿を楽しめる旅

  • ボリビア周遊とウユニ塩湖「天空の鏡」02

    ツアー日程:2017年4月22日(土)~29日(土)催行決定

    塩砂漠と天空の鏡、さらに日の出、夕暮れ、星空などウユニ塩湖の絶景をたっぷり堪能する旅

  • 春のヨーロッパ 古い街並みとチューリップ

    ツアー日程:2017年5月3日(水・祝)~10日(水)募集中

    ゴールデンウィークにベルギー、オランダ、ドイツの魅力あふれる3カ国を周遊致します

  • 地球のぬくもり再発見 アラスカ

    ツアー日程:2017年6月2日(金)~7日(水)募集中

    ウィルダネスツアー&アラスカ鉄道&表がクルーズをめぐる旅

  • 世界三大瀑布ヴィクトリアのルナ・レインボウとアフリカの野生の王国

    ツアー日程:2017年6月9日(金)~16日(金)募集中

    世界三大瀑布ヴィクトリアのルナ・レインボウや南アフリカ・ジンバブエ・ザンビア・ボツワナの大自然を周遊します

  • 気楽に自由に美味しくスイスアルプス

    ツアー日程:2017年6月15日(木)~21日(木)募集中

    お得な料金でツェルマット&グリンデルワルドハイキングを楽しむ旅

  • マチュピチュ遺跡登頂ハイキングとナスカの地上絵

    ツアー日程:2017年6月23日(金)~30日(金)募集中

    憧れの世界遺産で感動のハイキング&充実の遺跡観光

  • 絶景の山上ロッジに泊まるスイスハイキング

    ツアー日程:2017年7月15日(土)~23日(日)募集中

    スイス三大山岳リゾートを満喫する旅

  • ヨーロッパ・アルプスを歩きつくす

    ツアー日程:2017年8月1日(火)~11日(金)募集中

    ツールドモンブラン&ツェルマット&グリンデルワイドハイキング

  • 101秒間 奇跡の天体ショー アメリカ 皆既日蝕 8日間

    ツアー日程:2017年8月19日(土)~26日(土)募集中

    アイダホフォールズ皆既日蝕を鑑賞し、イエローストーン&グランド・テイトン国立公園を訪れます

  • 原猿たちとバオバブの樹マダガスカル&インド洋のパラダイスモーリシャス

    ツアー日程:2017年9月9日(土)~11日(月)募集中

    マダガスカルの特異な自然&ヨーロッパ的な高級リゾート地のモーリシャスをめぐる旅

  • 真っ赤な紅葉黄金の黃葉秋の東西カナダ

    ツアー日程:2017年9月21日(木)~28日(木)募集中

    カナダで紅葉狩り&大氷原とナイアガラの滝観光の旅

  • 紅葉のアドリア海の真珠

    ツアー日程:2017年10月7日(土)~16日(月)募集中

    中欧四カ国 スロベニア・クロアチア・ボスニアヘルチェゴビナ・モンテネグロをめぐる旅

  • 初企画!!ついに世界最大の滝エンジェルフォールの滝口に立つ

    ツアー日程:2017年10月21日(土)~30日(月)募集中

    ギアナ高地にある世界最大の滝エンジェルフォールを始めとした大自然を満喫する旅

  • 最後の大陸へ南極上陸クルーズ

    ツアー日程:2018年2月19日(月)~3月5日(月)募集中

    究極の絶景と野生動物の世界を訪れる旅

NEWS TOPICS
  • おすすめのツアー(世界探訪プラン)
  • 絶景を楽しむツアー(LIFEプラン)
  • オーダーメイド旅行
  • 卒業旅行 ウニユ塩湖
  • 旅の記録レポート
  • 旅の写真館
  • 旅行説明会
  • 航空券販売
  • 航空券販売
  • 航空券販売
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • メールマガジン
pagetop