旅行プランのご案内

アデリーペンギンの季節 南極上陸クルーズ 15日間

★ツアーの特徴★

①南極の大自然満喫の旅

南極がベストシーズンの2月に設定しました。15日間で南極の大自然満喫の旅です。

②大自然ならではの野生動物との出会い

ペンギンやアザラシ、クジラなどの野生動物たちとの出会いなども楽しみます。南極のアイドル!アデリーペンギンが例年海に帰る2月中旬の直前の時期にツアーを設定しました。

③品質や安全性の評価が高いクオークエクスペディション社の旅

南極クルーズ旅行の会社で唯一、品質や安全性を表彰されたクオークエクスペディション社の旅です。

④日本人インタープリター(通訳)同行で安心

南極の旅が豊かになるには経験豊かなインタープリター(通訳)の存在が不可欠。今回は、南極を125回以上訪れた日本人インタープリターが現地で一緒に乗船。3年連続南極にご一緒する添乗ガイドとともにクルーズ中の過ごし方のアドバイスや南極講座などでの専門的な説明の案内を致します。

⑤2004年に全面改装したオーシャンダイヤモンドで快適なクルーズ

2004年に全面改装したオーシャンダイヤモンド(2828トン)は 快適な空間を約束することはもちろん、横揺れ防止装置も付いている機動性抜群の砕氷クルーズ船です。

⑥待ち時間なしで上陸体験ができる!

南極に上陸できるのは船のサイズによらず、100人という決まりがあります。そのため大型の南極クルーズ船では待ち時間が長いのですが、今回は待ち時間なしで貴重な上陸を体験いただけます。

⑦ゆとりある見学が可能!

1回あたりの上陸時間は2~3時間を確保。ゆっくり見学できます。

⑧防寒上着(パルカ)やゴム長靴を無料貸出し

抜群の防水性を誇る防寒上着(パルカ)お無料進呈。さらにゴム長靴も無料で貸出致します。

⑨旅のツアー写真と旅のまとめを贈呈!

旅の後には今回の旅のツアー写真(CD写真集)と旅のまとめを贈呈致します。

フォトギャラリー

撮影:今長谷啓享

ツアーの行程

1日目

  • 福岡→成田(16:50 発)→アトランタ→

宿泊:機中泊

2日目

  • ブエノスアイレス→ウシュアイア→(混載)ホテル(20:30 頃着)

宿泊:ウシュアイア泊

3日目

  • 終日、ウシュアイア滞在。オプションなどでお楽しみください。ホテルのお部屋でゆっくり静養いただくのもお勧めです。 終日:ウシュアイアの街の背後に迫るマルティアル氷河(標高地点1450m)へ車とリフトで訪れます。(約10000 円)

宿泊:ウシュアイア泊

4日目

  • (10:00 発)
    ウシュアイア散策(世界の果て博物館)
    午後:いよいよクルーズ船『オーシャダイヤモンド』に乗船します。(18:00 頃発)
    いよいよドレーク海峡に向けて出港します。

宿泊:オーシャダイヤモンド号船内泊

5日目

  • 終日、ドレーク海峡を航海して南極を目指します。
    南極に関する勉強会などが開かれます(日本語通訳あり)。
    やがて氷山など南極ならではの風景が広がり始めます。

宿泊:『オーシャダイヤモンド号』船内泊

6日目

  • 終日、南極半島クルーズ観光。ついに南極です!
    毎日滞在地、停泊地を変えて、ネコハーバー、パラダイスベイ、プレノー島などを訪れます。
    ソディアックボートに乗ってクルーズや上陸を楽しみます。
    基本的に午前と午後の1 日2 回、クルーズや上
    ポートロックロイではお土産購入や絵葉書を出すこともできます。
    夥しいペンギンやアザラシ、クジラの世界をお楽しみください。

宿泊:『オーシャダイヤモンド号』船内泊

7日目

  • アルゼンチン・ウシュアイアを目指し再びドレーク海峡を航海
    船内では南極の旅の思い出の会などが開かれます。
    最終日は船長主催のさよならパーティが開かれます。
    <服装について>服装はカジュアルで大丈夫です。

宿泊:『オーシャダイヤモンド号』船内泊

8日目

  • ウシュアイア(8:00 着)
    (混載)ウシュアイア→ブエノスアイレス

宿泊:機中泊

9日目

  • アトランタ

宿泊:機中泊

10日目

  • →成田(15:30 着)→ 福岡
旅行代金

(9/1現在)

福岡発 1,538,000円(トリプル・相部屋利用・17㎡)
1,958,000円(ツイン・相部屋利用・18.6㎡)
2,138,000円(sweet・相部屋利用・37㎡)
2,298,000円(シングル・1人部屋利用・17㎡)
別途 成田空港施設使用料 2,610円
現地空港税 10,080円
燃油サーチャージ 0円
ツアーの詳細
  • クルーズ船・ツインルームの個室使用追加料金980,000円  
    ウシュアイア・ホテルでの個室使用追加料金(2泊) 30,000円

  • 別途、成田空港施設使用料2,610円、現地空港税21,160円、
    燃油サーチャージ28,000円 合計 51,770円 (変更の場合あり)

  • 最少催行人員8名(定員18名様)
  • 利用航空会社アメリカン航空。
  • 船内チップ約20,000円(現地支払い)

  • 利用ホテルウシュアイア:アルバトロス、ロス・ニレス、ラス・レンガス

  • 食事朝11食、昼9食、夕11食
  • 案内人福岡から同行(その他発着地の方は成田にて合流・解散)

  • お申込金トリプル90万円 / ツイン130万円(旅行代金に充当されます)。
  • お取消料クルーズ旅行は裏面の約款に優先して、適用されるお取消料率が下記「特約表記」となります。あらかじめご了承ください。
    取消特約/120日前~91日前 40%、 90日前~31日前 80%、 30日前以降 全額

  • 保険への加入お申し込みと同時の海外クルーズ旅行保険の加入が参加条件となります。 
  • 宿泊について相部屋の場合は同性で、海外の方と同室になる場合があります。
受託販売 株式会社ブループラネットツアー
福岡県知事登録第3-771号
福岡県福岡市中央区薬院3-16-27 薬院ビル4階
旅行企画・実施 株式会社ツアーコラボ
観光庁長官登録旅行業第1種1814号
(旅行条件書)取引条件説明書(PDF) / 旅行業約款(PDF)

南極Q&A

危険性について

南極の旅と聞くと大変危険を伴う探検のようなイメージですが、経験豊富な真のプロスタッフがお世話・ご案内するこのクルーズには特別な危険はございません。
プロが常に気を配って案内するという意味では一般の旅よりも安全とさえ言われるほどです。

参加者について

20代~80代の方が参加されています。
船は野生動物などの観察ポイントに上陸しますから、長い距離を歩くこともなど、特別な体力は必要ありません。船旅や上陸ボートの乗り降り、自然観察などに支障なくご参加いただける方ならどなたでもご参加下さい。

上陸と動物たちについて

天候にもよりますが、通常は午前・午後の2回、クルーズ中に6~8回の上陸を予定しています。
アデリーペンギン、ゼンツーペンギン、ヒゲペンギン、ミナミゾウアザラシ、カニクイアザラシ、ナンキョクアットセイなどとの出会いに期待しましょう。

船は揺れますか?

ドレーク海峡は荒れ狂うイメージがありますが、穏やかな日もありますし、往復ともに強い揺れが続くのは稀です。いずれにしても天候(=船の揺れ)を予想することは容易ではありません。
天候が悪い場合は、先日でベッドに横たわっておられる事をおすすめします。
船酔いに弱い方は、乗船日の昼食後に酔い止めのお薬を服用されて下さい。
酔い止めのお薬は日本のものを準備されることをお勧めします。なお、南極半島に到着後は船の揺れもほとんど収まります。

気温について

夏に訪れますから通常は-5℃~+5℃です。
今回訪れる南極半島は南極では最も温暖な地域・西南極エリアにあって、南極のバナナと呼ばれます。半島の形と温暖な気候からイメージされた名前です。
我々が持つ厳しい寒さの南極は、実は東南極と呼ばれる地域で昭和基地などが東南極です。
西南極はあたたかいからこそ多くの動物たちとの出会いが期待できるわけです。
船室などはもちろん快適な温度が保たれています。

服装について

日本の冬に外出する服装でかまいません。
現地でフリースと雨具を兼ねたパルカというジャケットが提供され、長靴も貸し出されます。
ズボンは撥水性のある暖かいものをご準備下さい。お持ちでなければ厚めのズボンに雨具(ビニール不可)を重ねても大丈夫です。その他、手袋や靴下は午前・午後の上陸に備えて2組ご用意下さい。出発前にお送りする準備品リストに沿ってご準備いただければ安心です。
<主な南極上陸準備品>
暖かい帽子、耳あて、ネックウォーマー、サングラス、リュックサック、セーターやフリース、耐水性のズボン(オーバーズボン、または暖かいズボン&雨具、手袋※厚め2組以上。撥水性のある手袋との重ね着推奨)

【必ずお読み下さい!】お申し込みについて

南極上陸には外務省などの許可が必要ですが、必要書類等はお送りする書類にご返送いただくのみです。

<お部屋割りについて>

クルーズ中は2~3名用の相部屋が基本です。
相部屋希望のお一人参加でのお申し込みも可能ですが、同室になる方はウシュアイア出港まで確認できません。
お部屋割りはクルーズ会社にて行われ、同姓の方との相部屋は保証されますが、日本語が話せない日本人以外の方との同室の場合もございます。相部屋希望でお申し込みの場合はご了承の上お申し込み下さい。なお、ウシュアイアのホテルは2名部屋の相部屋ですが、相部屋の同室の方に関しては上記と同様です。

<ご予約について>

ご予約にはツアー時に有効なパスポートの番号と生年月日が必要です。また、お申込金は旅行代金の50%になります。
お申込金はお申し込みと同時にご請求させていただき、ご入金の確認をもって旅行契約の成立となります。
フライ&クルーズ旅行に適用される取消条件となります。
お申し込みの際は海外クルーズ旅行保険の加入をお勧め致します。

取消日(旅行開始前日起算) 121日前まで 120~91日前 90日~前日 旅行当日、または無連絡、不参加
取消料(旅行代金に対して) 無料 25% 50% 100%

海外旅行保険について

遠隔地のため怪我や病気での緊急搬送が必要となった場合、高額の費用が発生します。
治療・救済費用が3000万円以上の海外旅行保険へのご加入が参加条件となります。
クレジットカード付帯保険は内容によらず該当とみなされません。

現地事情
南極上陸クルーズ現地事情

気 候

今回訪れる公園群はユタ州とアリゾナ州にあり、どちらも山岳標準時と呼ばれる時間帯に属しています。

ウシュアイア

【気温の目安】 +3.5℃~+15℃
【アドバイス】 
空気が乾燥していて寒く感じます。強い風が吹く事でも有名です。
体感温度は実際の温度よりも寒く感じます。ダウンジャケットなどをご準備ください。

南極

【気温の目安】 -10℃~+5℃
【アドバイス】
夏の時期ですが寒く乾燥しています。雪が降ることもあります。
寒さや雪、海水から身を守るために以下の装備をご用意ください。

1.ひさしのついた帽子(耳を覆うものであればさらに適します)
2.防水性の厚でのジャケット
3.防水性のズボン
4.ホッカイロも多少あると安心です。

船内

【気温の目安】 +23℃~+26℃
【アドバイス】
暖房が完備していますのでラフで快適な服装でお過ごしください。
足元はスニーカーやウォーキングシューズなどの履きなれた靴でお過ごしください。
尚、ドレスアップは不要です。
南極海飛び込み体験、あるいは南極海寒中水泳のチャンスがあるかもしれません。
水着もぜひご準備ください。

お 金

南米ではアメリカドルが流通しています。
基本的にはアルゼンチン通貨『ペソ 21円/ペソ』への両替は必要ありません。

また、船内通貨はアメリカドルです。
額面の大きな紙幣ばかりではなく、小額紙幣も是非ともご準備ください。 アメリカドルの両替は旅行出発前に日本国内で済ませたほうが、両替レートが一般的に良いと言 われます。
尚、船内ではクレジットカード(VISA、MASTER、AMEX、DINERS)もご利用 いただけます。


必要な金額

船内ではコーヒーなどはコーヒーステーションで自由に飲むことができますが、アルコールやソフトドリンクは有料です。
また、個人払いの船内チップが13ドル/日で請求されます(合計130ドル)。
ブエノスアイレスでの国内線と国際線の連絡バスも有料です(航空機スケジュールに寄ります)。
お飲物以外でも少なくともクレジットカード以外に30,000円~50,000円の両替をお勧めします。
尚、乗船時にお名前の入ったクルーズカードをお渡しします。
船内で利用した個人的な費用(ドリンク代、通信費、ショップでのお買い物)はカードを明示頂いて伝票に書き込むことで、下船前日にまとめてお支払いいただけます。
お支払いには現金、クレジットカードをご利用ください。

南極のみどころ

息を呑む巨大な氷河、自然を謳歌する動物たち、目の前に広がる静寂に包まれた原始の景観…
地球最後の秘境・南極の大いなる魅力に迫ります。

ダンコ島

南極半島のロンジェ島に挟まれたエレラ海峡の南の端に位置する島。
島の頂上からは氷山が浮かぶ美しいエレラ海峡が展望できます。


クーバービル島

見どころは大規模なゼンツーペンギンの 営巣地。
また、ロンジェ島からの氷河が流れ込む風景は、パラダイス湾のすばらしさに匹敵します。


ミケルセン・ハーバー

自然の良港で氷河に囲まれた海岸の中で 唯一上陸可能はボンペイ小島です 。


南極海峡

半島の北端とデュルビ島、ジワンビル島、 ダンディー島を隔てる海域。
ウェッデル海の棚氷から欠け落ちた巨大な卓上氷山が沿岸海流に乗って西にゆっくり漂う迫力の光景をご覧いただけます。


シェルヴァ・コヴ

入り江の南側には、夏のみ活動しているアルゼンチンのプリマベイラ基地があります。


ブラウンブラフ

標高750mの平坦な頂上は氷冠をかぶり、火山岩の断崖は赤茶色の地肌をのぞかせ海岸から聳え立っています。


ポーレット島

火山性の島。
中央から海岸までの山肌に広がるアデリーペンギンの大営巣地は圧巻です。


※見どころは一例です。すべてを一度の航海で訪れるわけではありません。
南極の気象、海象、氷などの厳しい自然環境の下で寄港する場所が変更になる場合があります。
予めご了承ください。

南極の動物たち

南極の食物連鎖は他の海の生態系よりはるかに単純で一次生産者の珪藻類から高位の動物までの段階が他の地域よりも少なくなっています。
興味深いのは植物プランクトンを食べるオキアミが食物連鎖の重要なリンクを形成し、何百万もの魚やイカ、ペンギン、アホウドリ、ミズナギドリ、アザラシ、ヒゲクジラなどの主要な餌になっているからです。
実際に私たちが南極で出会う殆どの生物が直接的、間接的に大量のオキアミに依存して生活しています。

【愛らしいペンギンたち】
大型ペンギンの抱卵期間はおおよそ5~6週間ですが、アデリーペンギンとヒゲペンギンは大体7週間、ゼンツーペンギンは14週間で成長し巣立つことになります。雛は親から口移しに半消化の餌を貰って食べます。
ペンギンは滑りやすい岩や氷を登る為に、発達した大きな爪が付いた逞しい足を持っています。

キングペンギン(オウサマペンギン)

コウテイペンギンに次ぐ大形種で、南極の高緯度部分や亜南極海域の島で繁殖し、体長95cmに達する。 魚類やイカを食べ、氷雪のない海岸傾斜で集団繁殖する。
1個の卵を産み、約55日間抱卵。
雛の巣立ちまでの期間は10~13ヵ月を要し、3年に2回の繁殖をします。


ゼンツーペンギン

体長は75cm~90cm、体重は5~8.5kgほど。
大きさは皇帝ペンギン、キングペンギンに次いで3番目です。
頭に両目をつなぐ白い帯模様と両側がオレンジ色のくちばしが特徴です。


ヒゲペンギン

体長は70~75cm、体重4~7kgほど。
特徴は、顎の下に黒い羽毛の線が走っていて、まるでひげのようです。


マゼランペンギン

フンボルトペンギンに属するペンギン。
体長は約70cmで中形のペンギン。


アデリーペンギン

体長60~70cm、体重5kgほど。
特長は、目のまわりには白いアイリングがあり、頭部から背中と羽が黒色です。


マカロニペンギン

目の上に生えたオレンジ色の羽が特徴で、体長は約70cm。
体重は5~6kg程度です。


イワトビペンギン

やや小型のペンギン。
頭部の「黄色の飾り羽」が特徴。


南極旅行の服装と装備の目安

今回訪れるのは夏です。それでも太陽がさんさんと照りつけることもあれば雪が降ることもあります。
予測がつかないのが南極の天気です。
変化に対応できる服装が必要です。


パルカ/防水性の防寒上着

本船にご乗船後、着脱自在のフリースが付いたクォーク社特製のパルカを進呈します。
パルカの下に着用 する服装は、ウールやシルク、化学繊維などの軽い素材を重ね着するとよいでしょう。
化学繊維のフリースは濡れても乾きやすく、さらに軽くて風を通さないので便利です。


防水性のズボン

ゾディアック・ボートに乗船中、水しぶきで濡れる事もあります。
また、雪上に座り込む事もありますので、必ず防水性のズボン(ゴアテックス製やナイロン製)をご用意ください。
防水性のズボンの下に着用する服装は保温性の高いコーデュロイやチノパンツがおすすめです。


ゴム長靴

本船にご乗船後、貸出いたします。
厚手の靴下を着用ください。
南極には桟橋はありません。
砂地や石ころ、つるつるした大きな石、岩場などの海岸に上陸するため、足元が濡れますのでゴム長靴は必需品です。


帽子

奪われる体温の半分は頭部からです。
「つばと耳当て付の帽子」をお持ちになると便利です。


ネックウォーマー&フェイスウォーマー

冷たい風から首回りや顔を保護するのにとても便利です。


フリースやセーター

2~3枚程度ご用意いただくと重宝します。


リュックサック

南極クルーズでは、乗下船の際、ゾディアック・ボートを利用しますので、安全のため、両手を空ける必要があります。
カメラや双眼鏡、バッテリーなど上陸後も必要なものは、リュックサックに収納してご持参ください。


手袋

フリース製とポリエステル製の厚手の手袋を2組ご用意ください。
※水に濡れても速乾性のあるものが便利です。



携行品リスト

品名 特徴など ◎必要物
△便利物
パスポート これが無いと出国できません。
旅行中もなくさないよう大切に。
◎◎
履きなれた靴、スニーカーをご準備ください、甲板では滑り辛い靴が必要ですので溝がしっかりあるものをご準備ください。
船室にはスリッパが準備されています。上陸時には長靴が準備されます。
下着

綿製品は濡れると乾きにくく体温を奪いますので、寒冷地では不向きです。
但し、宿泊時の着用は、綿製品でもOKです。
体にぴったりの下着の上に長袖のハイネックなどを重ねれば下着としては充分です。

防寒着 防寒上着(パルカ)は準備いたします(お持ち帰り頂きます)。
しかし、乗船前のウシュアイアの街もあります。
下着からしっかり身につければ、セーターやフリースを挟んで、その上にダウンジャケットやオーバージャケットなどを重ね着。
南極ではさらにパルカで完璧です。
雨具 雨具はパルカで充分です。
オーバーズボン ズボンの上に着る防水性のものをご準備ください。
アウトドア用品店で購入いただけます。
暖かく厚めのズボンにしっかりした雨具の重ね着でも対応できます。
手袋 厚手のものをご用意下さい。
薄手の手袋に暖かい手袋を重ねると効果的です。
流されること・濡れることもありますので、最低二組以上をご準備ください。
帽子 丸型のハット、野球帽型のキャップどちらでも良いのですが必要です。
キャップ止めがあると便利です。
日差しが強いので必ずお持ち下さい。
手袋 風や雨に濡れと寒くなる場合や転倒時のケガ予防のためにも必要。
帽子・耳当て・ネックウォーマー フリース素材や毛糸のものが良いでしょう。
首周りの防寒にはマフラーが必要ですが、フリースのネックウォーマーも便利です。
紫外線対策のためにつばのある帽子もご準備ください。
風で飛ばされる場合もありますのでひもなどで固定できることも重要です。
リュック 船に乗り移るときなどは必ず両手が空いていることが重要です。
カメラやハンカチなどが入るサイズのものをご準備ください。
※デイパックなど
水筒 保温タイプの物は重宝します。
お湯はコーヒーステーションにございます。
南極では使いませんが、移動中に雨が降ることもあります。
常備薬 探検に行くわけではありませんが大自然に入る場合は重要な非常装備です。
両手が使えるヘッドランプがベストです。
懐中電灯でも可。
電池の残量のチェックをして下さい。
必ずご持参下さい。
ストック 歩行時(特に下山)に膝への負担を軽減する、あれば便利な物です。
観光の時間もありますし、日本出発前後で使う場合もございます。
折畳式で、骨の部分が強化され軽いものがあります。
日傘としても利用可。
常備薬 かぜ薬・胃腸薬・整腸剤・キズ薬・乗り物酔い止め・持病の薬、日焼け止め、リップクリームなど。
個人で必要な薬は各自でご準備下さい。
軽食類 好きなものでかさばらない物。腐敗しにくい物。
ビニール袋 濡れた衣類を入れるなど、何かと便利です。
カイロ やはりあると安心です。
水着 南極海飛込み体験、南極での海中水泳を期待されている方はご準備ください。
備品① 洗面用具・時計・旅程表・現金・筆記用具、サングラス
備品② カメラ。充電器もお忘れなく。充電にはコンセントのプラグも必要です。
備品③ クレジットカード。航海中に楽しむ、本や音楽プレーヤーなど。

●近年のテロ対策として機内持ち込み品規制がとても厳しくなり、刃物はもとよりペットボトルの飲料水や、水分を含んだ化粧水、リップクリーム、お弁当などもお持込には制限があります。
100ml以下の容器を機内に持ち込む場合にはジップロックのような透明な袋に入れて検査を受ける必要があります。
袋は各自でご準備下さい。

クォーク社の利用客船 オーシャンズダイヤモンド


2004年全面改装、元川崎汽船株式会社の「ソング・オブ・フラワー」として長年クルーズファンに親しまれてきた名船で、エレガントなファンネルと広いデッキが自慢の洗練された客船です。
極地旅行に特化したオーシャン・ダイヤモンドの定員は189名。
多彩なアドベンチャー・オプションや豊富な極地資料、マッサージ・プログラムやウェルネス・プログラムなど快適な環境を用意しています。

シップデータ

・改装年:2004年全面改装
・総トン数:8,282トン
・航海速力(開水域):15.5ノット
・アイクラス:1D(耐氷船)
・乗組員:144名
・乗客定員:189名
・全長:124m
・全幅:16m
・喫水:4.9m
・船籍:ナッソー(バハマ)

主な施設

レストラン(お食事は入替えなし1回制で自由席) ギフトショップ、レクチャー・シアター、膨大な極地資料やDVDを収めた図書館、マッサージやウェルネス・プログラム(ヨガ教室、アロ マセラピー)、衛星回線電話、 E‐メール、インターネットアクセス、エレベーター1基、フィットネス

その他

写真インストラクターによる写真撮影プログラム
アドベンチャー・オプションで利用するキャンピング用品
は、高品質で知られる米国RE社製を使用、ギフトショップ、クリニック、フィンスタビライザー、バー(2ヶ所)


客 室

客室のアメニティ

バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル、石鹸、シャンプー、リンス、ボディソープ、ヘアドライヤー、バスローブ、スリッパが備わっています。


船内電圧とコンセント

220ボルト/50ヘルツ。
コンセントはヨーロッパ式の丸ピン2本(C型)ですからプラグが必要になります。


冷蔵庫

全室に冷蔵庫が備わっています。


温度調整

各客室には温度調整装置が備わっています。


メイドサービス

客室の清掃は毎日行われます。
ご希望によりタオルも毎日交換可能です。
シーツの交換は4日ごとです。


金庫

各客室には金庫の設備が備わっています。


冷飲料

飲料水はコーヒーステーションにご用意しております。
客室内の洗面所の水は歯磨きには問題ございませんが飲料水としてご利用にならないようにお願いいたします。
尚、レストランで用意されるお水は飲用です。


ランドリーサービス

船内には客用の洗濯機の設備はございませんが、有料のランドリーサービスをご利用いただけます。
一般のホテル同様に客室で出していただけましたら48時間を目安にお届けします。



船内生活

船内での服装

ラフな服装でお過ごしください。
一般的な客船のようなドレスコードはございませんのでドレスアップは不要です。
ディナーはもちろん、ウエルカムパーティーやフェアウェルパーティもラフな服装でご参加ください、フリースやセーターなどで充分です。
靴は履きなれた靴やスニーカーでお願いします。


船内プログラム&アナウンス

翌日のスケジュールの詳細、食事時間、見どころなどの情報満載の船内新聞はパブリックスペースに掲示されるほか、パブリックスペースのテレビモニターにも表示されます。
また海上や氷上に珍しい動物などが出た場合や上陸の案内、スケジュール変更、気象状況などは船内放送にてお伝えします。聞き損ねた場合はスタッフにお尋ねください。


緊急避難訓練

海上人命安全条約(SOLAS条約)により出航後24時間以内の訓練が義務付けられています。
クルーズスタッフよりご案内しますので必ずご参加ください。
また、乗船後は速やかに船室内の救命具の格納場所、船室ごとに割り当てられた救命ボート・集合場所もご確認ください。


郵便

船内から出すことは可能です。
はがき・手紙の右上に客室番号とローマ字でお名前を記入してレセプションにお持ちください。
切手代は個人払いとして個人の口座に付けられます。
尚、受取人までの到着には数か月を要することもあります。


美容室や図書館

美容室はございません。各船室にあるドライヤーをご利用ください。
図書館には南極に関する読み物などやボード・ゲーム類がございます。


船内ショップ

南極クルーズの記念になるフリース、トレーナー、帽子、靴下などの衣料品や小物類をそろえています。
個人の口座につけて、お買い物をお楽しみ頂けます。


ダイニングルーム

朝昼夕の食事は全てダイニングルームにご準備いたします。
お食事の時間はパブリックスペースに掲示、あるいはパブリックスペースのテレビモニターに表示しますが、探検上陸を優先するために時間を変更する場合もございます。


アルコールについて

朝の遅い時間や午後のひと時、夕食後にはバーでお寛ぎいただけます。
ウィスキー、シャンパン、ワイン、スピリッツ類をそろえております。
尚、船室へのアルコール類の持ち込みはご遠慮いただいております。
また、ご持参のボトルを食事へお持込になる場合は少額のコルク開栓料を頂戴します。


説明会と総括報告(リキャップ)

翌日の予定などは説明会でご案内し、またその日の総括も行います。
ご質問などもご自由に!


揺れが激しい場合のご注意

デッキには絶対出ないようにお願いいたします。
また、客室のドアなどが激しく閉まる場合がございますので手や指を挟まないようにご注意ください。
シャワーのご利用もお控えください。


船内医療設備

英語を話す医師が常駐しています。
基本的な薬剤などはございますが持病のお薬などは必ず持参頂くようにお願いいたします。


海上航行中の安全について

1.各自が安全に責任を持って行動してください。
2.すべての避難ルートを頭に入れておいてください。
3.夜間の不測の事態に備えて証明スィッチの場所を確認しておいてください。
4.常に足元に注意して行動してください。
5.廊下・階段では必ず手すりに掴まって行動してください。
6.甲板を歩行する場合は滑り辛い靴を履いてください。


船酔いについて

場合によってはかなり時化た海上を航行する場合がございます。
プロメタジンという25mg錠剤には酔いに対して高い効能があること証明されています。
ご心配な方は出発前にかかりつけの医師にご相談ください。
船内クリニックにも非常用として酔い止めのお薬を準備しております。



作成・文責:(株)ブループラネットツアー 今長谷啓享

旅の記録

白い大陸南極クルーズ15日間旅の記録

遙かなる南極、内容一杯の15日間。 野生の動物の世界を楽しみました。


ニュージーランド、ヨーロッパの洗練された大自然、南米やアフリカ、南極の豪快な大自然を思う存分、堪能できる贅沢なツアーです。

大人数の団体ツアーではなく、ほとんどの旅は14名定員の少人数ツアーです。
旗を目印にイヤホンガイドを付けてぞろぞろ歩く旅ではありません。

ブループラネットツアーのツアーは、多くの観光を入れて一見お徳に見えるようなツアーではありません。
たくさん訪問するように見えても実は車窓観光や、ほとんど滞在時間がないツアーが目立つのが観光旅行。訪問地が多いことは移動の多さと滞在時間の短さにつながり、旅のクオリティ(質)が下がります。観光地にはゆっくり滞在していただきたい!お客様の思い出つくりを考えて作った旅の世界です。

スイス観光などで見られるいわゆる『おまけのハイキング』ではないハイキングが楽しめます。
元日本山岳ガイド協会認定ガイドが「歩いて本当に良かった!」と思っていただけるコースを厳選しています。

世界の大自然を体験できる!世界探訪プラン(GLOBAL NATURE CLUB)

  • マチュピチュ遺跡登頂ハイキングとナスカの地上絵

    ツアー日程:2017年6月23日(金)~30日(金)募集中

    憧れの世界遺産で感動のハイキング&充実の遺跡観光

  • 絶景の山上ロッジに泊まるスイスハイキング

    ツアー日程:2017年7月15日(土)~23日(日)募集中

    スイス三大山岳リゾートを満喫する旅

  • ヨーロッパ・アルプスを歩きつくす

    ツアー日程:2017年8月1日(火)~11日(金)募集中

    ツールドモンブラン&ツェルマット&グリンデルワイドハイキング

  • 101秒間 奇跡の天体ショー アメリカ 皆既日食 8日間

    ツアー日程:2017年8月19日(土)~26日(土)募集中

    アイダホフォールズ皆既日食を鑑賞し、イエローストーン&グランド・テイトン国立公園を訪れます

  • 原猿たちとバオバブの樹マダガスカル&インド洋のパラダイスモーリシャス

    ツアー日程:2017年9月9日(土)~11日(月)募集中

    マダガスカルの特異な自然&ヨーロッパ的な高級リゾート地のモーリシャスをめぐる旅

  • 真っ赤な紅葉黄金の黃葉秋の東西カナダ

    ツアー日程:2017年9月21日(木)~28日(木)募集中

    カナダで紅葉狩り&大氷原とナイアガラの滝観光の旅

  • 紅葉のアドリア海の真珠

    ツアー日程:2017年10月7日(土)~16日(月)募集中

    中欧四カ国 スロベニア・クロアチア・ボスニアヘルチェゴビナ・モンテネグロをめぐる旅

  • 初企画!!ついに世界最大の滝エンジェルフォールの滝口に立つ

    ツアー日程:2017年10月21日(土)~30日(月)募集中

    ギアナ高地にある世界最大の滝エンジェルフォールを始めとした大自然を満喫する旅

  • 最後の大陸へ南極上陸クルーズ

    ツアー日程:2018年2月18日(日)~3月2日(金)募集中

    究極の絶景と野生動物の世界を訪れる旅

NEWS TOPICS
  • おすすめのツアー(世界探訪プラン)
  • 絶景を楽しむツアー(LIFEプラン)
  • オーダーメイド旅行
  • 旅の記録レポート
  • 旅の写真館
  • 航空券販売
  • 航空券販売
  • 航空券販売
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • メールマガジン
pagetop