旅行プランのご案内

ボリビア周遊とウユニ塩湖8日間

旅の記録(2016年5月3日~5月12日)

5月3日(火)

福岡より東京・成田へ。
福岡空港から日本航空で羽田空港へ。
嵐が午後から近づくということでやや心配していましたが、大きな遅れなく出発。
これもABさんが景気づけにビールをおごちそういただいたおかげでした(?)

羽田に着いたら飛行機を出たところで集合ですよ~の案内もむなしく、UさんとMさんはスーツケースを受け取るラゲージクレームへさっさと向かわれる。
AKさんが一言「冷たいね~(笑)」。

リムジンバスで成田へ。
さくさくと搭乗手続きを済ませて皆さん一緒に手荷物検査へ。
あれ?今度はUさんとAKさんが行方不明。
Mさん&ABさんと探し回ると、お二人は出国検査まで済ませて待っておられました。
かってに騒いでいた三人。
見た目はかっこいいアメリカン航空のボーイング777-200ERでダラスへ。
たびたび出る機内食。おいしくないけど、飲み物が無料なのでOK!

北太平洋を越え、アメリカのロッキー山脈も越えて、いよいよテキサス州のダラスへ。
今度こそ事前の案内通りに航空機の出口で集合してから入国手続き。
乗継なのにアメリカは面倒くさい! ESTA取得者はタッチパネル式の入国手続きが待つ。
全員で済ませてレシートの判決を待つ。
AKさん&ABさん&Uさんが有罪(×印)判決を受けて、有人カウンターへ。
大人数が並ぶ列の中でもAKさんの帽子が目印で時々確認。
旅慣れた三名様は問題なく入国完了して無事合流。そろってラゲージクレームへ。
スーツケースを再び預けて、マイアミ行のゲートへ。
余裕たっぷりだったはずの乗り継ぎにも拘らず、ほぼ待ち時間がないほどの時間を要してマイアミ行に乗りました。
いつもダラスでは何か起こるのですが今回は総じてほぼスムーズ。
嫌な予感は帰りに現実に! アメリカン航空の国内線でマイアミに到着したのは日付も変わった4日未明でした。
皆さんと空港内のホテルへ…長い一日、お疲れ様でした!

5月4日(水)

朝10時にホテルのロビーに集合して夜の出発までの時間を利用してマイアミ観光へ。
空港のタクシー乗り場で偶然出会った運転手・エリックの案内でマイアミビーチへ向かう。
途中、エリックの顔で入れる金持ちの島(スターアイランド)で大豪邸を見て回る。

マイアミビーチでは海岸を少し歩き、リゾートの雰囲気満点の通りも少し歩きました。
エリックは偶然のドライバーでしたがサービス精神もなかなか旺盛で良い出会いだったと思います。
が、最後に連れて行かれたリトルハバナのレストラン・ベルサイユが遠い!
確かに美味しかった(ABさん ビールごちになりました)ですし、値段も安かったですが、どうやって帰ろうか??と少々不安でした。
結局、タクシーを呼んでもらいましたが大雨と重なったため(?)か、これが来ない!50分は待たされました…。
ようやくやってきたタクシーに乗り込んでダウンタウンのベイサイドマーケットプレイスへ。
雨は相変わらず激しかったのですが、アーケードのお蔭で買い物を楽しめたと思います。
ね!ABさん(大きなピンクのバックを購入!) ね!AKさん(念願のマイアミキャップを購入) ね!Uさん(ワンちゃんグッズ購入)。
雨が少し小降りになったので名物のクルーズ(アイランドクィーン号)に乗船。
金持ちの家を見ても…とも思いましたが、私はグンカンドリが見られて満足でした。

港に戻って空港への戻りは地元の足を利用しました。
メトロムーバーという無人のモノレール、メトロレイルと呼ばれる鉄道(チケット購入で大騒ぎ)、ミアムーバーという無人の電車を乗り継いで空港へ。
空港に着いたら簡単な食事(またまたABさんビールごちになりました)を頂いてラパス行きに搭乗。
出発が遅れて翌日のラパス~スクレの乗継が不安になる旅立ちでした。

5月5日(木)

眠い目をこすりながら起きるとスペイン語で幸せという名のラパスが間近な距離に近づいていました。
到着前にCA(キャビンアテンダント)に入国書類は?と尋ねると「もう配ったよ。。寝てたんじゃない?」とか言われる。
なんか知らんが謝って5人分もらって急いで作成していると、先ほどのアテンダントが来てポンポンと肩をたたく。
どうしたのかなぁ?と思ったら、「まだ配っていませんでした」だと!おい!!
入国書類を作成したら間もなく着陸。

ついにラパスへ。
飛行機を出るとなんとなく体が軽い。
ここは標高4000mを超す世界で最も高い場所にある国際空港。
空気が薄い。 入国手続きは簡単に終了。

そして出口には今回のガイドをお願いすることになる典子が登場。
佐賀生れで、幼いころにボリビアに入植した典子はボリビアで最も安心して仕事をお願い出来るパートナーです。
よろしくお願いします!
典子から美味しいおにぎりを頂いて国内線の待合室で食す。美味!

アマゾナス航空の国内線で世界遺産の街・スクレへ。
スクレに着いたらローカルガイドと合流して、ホテルに荷物を預けた後、まずは徒歩でスクレ市内観光へ。
狭い路地で爆音を立てて走る車に気を付けながら歩きました。
話し始めたら止まらないガイドさんの説明を聞いているような、聞いていないような感じで正直言って、あまり意識なし。
一番印象に残ったのが5月25日広場の周辺のシマウマの交通整理、空の青さ。
「自由の家」へ入場。
疲れて椅子に座りたくなる説明…長い説明、長い。
その次は私も初めて行ったカル・オルコの丘の「白亜公園」。
つまり、恐竜の足跡公園。
恐竜が博多弁で言う「いぼった」後の足跡が残る場所でしたが、すごかったのは世界一というその足跡の数と砂埃でした。
私は実は幼き頃から恐竜大好き人間だったので、展示されていたほとんどの恐竜の名前が分かったのですが、一番お気に入りのステゴザウルスがいなかったのが不満でしたね(笑)。

その後、景色の良いレストランでやっと昼食。
なかなかおいしい昼食でした。 昼食後はレストランの屋上から市内を見下ろす景色を楽しんで、歩いてすぐの織物博物館へ。
もうガイドさんの話を聞いていたのはAKさんのみという状態に。
博物館の後に恋人たちが夜景を楽しむレコレータ展望台へ。
これにてスクレ市内観光は終了して、古いお屋敷を利用して作られたミラドールのホテルへ。
雰囲気満点でしたが、疲れピーク。
夕食を済ませてお部屋へ。お疲れ様でした。

5月6日(金)

朝起きたら全員快調!さぁ、楽しい旅の始まりです!
次の世界遺産の街・ポトシへ。
車窓の風景は、夢の中…。
途中で大きな橋を少し観光してポトシに着いたら、街の入口の門の前で富の山「セロ・リコ」をバックに記念写真。
街の中で少し散策してからおいしい昼食!
焼いた石のスープは特に美味しかったですね。
ここで事件が発生しました。
かなり大人のお下品な話がABさんから始まって、最後はガイドの典子が口から大噴火(大爆笑)して、マイクこと私が被害にあいました。
この辺りからこの旅行は一層面白い雰囲気になったような気がします。
とにかく食事の時にABさんが話した時に典子の近くに座っていることはかなりのリスクがあることが判明しました。

鉱山の街のレストランを後にして、4WD車のお迎え(クリソ&ルイス)で、いよいよウユニへ。
次第に風景が良くなって、途中の高原では美しい風景や動物たちの姿も楽しめて、何度か写真ストップをしました。
ウユニの近くの展望台で初めて真っ白なウユニ塩湖の眺望に遭遇。
ウユニの街で長靴を借りて、ついにお待ちかねの塩湖方面へ。
エアコンがない車。土埃で窓も開けられず、つらい。
周辺の色が茶色から白に変わり、ウユニ塩湖に入ったことがわかりました。
さらにその色は白さを増し、やがて水も浮いてきました。
ウユニに来た!そう思う瞬間です。
長靴に履き替えて、いよいよ水の上に立つ!美しい風景、さすがウユニ塩湖。
ぎりぎり間に合った夕陽の幻想的な世界へ。
水があって本当に良かった!

陽が落ちてホテルへ。
今回はルナ・サラダという一番設備の良い塩のホテルに宿泊!
夕食を済ませてから再度、ウユニ塩湖へ。
星空観賞。 星はきれいに出ていましたが、さざ波があって天空の鏡に星が映る風景を見ることは出来ませんでした。
それでも南半球の星空はたっぷりと楽しめました。
ケンタウルスαとβ、そして南十字星とその横には暗黒星雲、オリオン座、大マゼラン星雲などなど。
でも、風はやみそうもないということで、この夜は早めにホテルへ戻りました。


5月7日(土)

朝5:00に出発してウユニ塩湖へ。
ぴたっと風が止まったウユニ塩湖はまさに天空の鏡状態で降るような星空が湖面に反射していました。最高!
やがて、徐々に明るくなり夜明けへ。
湖面に映るその風景はとにかく綺麗でしたね。
この日の夜明けは典子も喜ぶくらいの美しさでした。
あの夜明けの色。クリーム色のような、とにかく見たことがないような色。

そして朝日がこの朝焼けショーの幕引き。
一旦、ホテルに戻って朝食&朝のシエスタ(仮眠)。

11時に再出発してコルチャニ村で塩の精製所、民芸品の屋台でお買い物。
Uさんが買うのはもちろんフクロウ!

再び、塩湖へ。
塩湖の上でピクニックランチはまるでビーチのような風景でした。
誰も周りにいないあの風景、最高でした。天国みたい?

乾燥したエリアで写真撮影会。
まずは☆の形の人文字を撮影。
横たわる(残念ながら・・・写真になっていませんでした)。
次に典子やMさんが用意されていた恐竜などを使った撮影。
うまく撮影出来ず・・難しいですね。
サボテンの島・インカワシ島へ。
島には1時間少々の滞在でしたが全員で山頂まで行きました。
島を後にして、再度夕陽鑑賞へ。この日は乾季にも拘らす雲が多く、これは良い写真が期待できると期待感一杯で水のある天空の鏡エリアへ。
あとは風だけだと思っていましたが、そこは無風の世界でした。
素晴らしい夕焼け、真っ赤に美しく燃える雲、それらが映る天空の鏡・ウユニ塩湖。
あれは滅多にない素晴らしい景色だったと思います。
大満足してホテルへ。

5月8日(日)

朝から鉄道の墓場へ。
墓場と言っても使われなくなった車両が無造作に残されているだけの場所でしたが、鉱業がこの国の最大の産物でありながら、それを利用しきれないで貧国のままでいるボリビアの悲しさを語っているように感じます。
それでも皆さんは元気いっぱい。
AKさんはバーベル(車軸)を持ち上げ、Mさんは列車の上でジャンプして屋根に穴をあけていました(多少、脚色あり)。
ウユニでの予定を済ませて空港へ。
お世話になったドライバーたちとお別れ、ありがとう!
いつもこの別れは泣きたくなる。
アマゾナス航空の小型機でラパスへ。
一番怖がっていたのは乗り慣れているはずの典子でした。
しかし、あの小さな機体によくスーツケース載るなぁ。
左手の窓からはウユニ塩湖の風景が広がって、さらばウユニ!

ラパスに着いたら待っていたバスを郊外に車を走らせて、昼食を済ませてから古い遺跡のティワナクへ。
とにかく朽ち果て気味の古い遺跡です。
予算不足でまだまだ発掘が30%程度しか進んでいないのが残念ですが、ロマンを感じます。
しかし、ほんとうにまっすぐな城壁。不思議です。
市内に向って走る。
展望台からアンデスの雪山。チチカカ湖は光ってあまり見えず。
ラパスに戻って、超高級ホテル(笑)で休憩したのち、ロープウェイで夜景観光。綺麗でした。
世界で最も有名な夜景の一つということでしたね。

往復ロープウェイの旅を楽しんで、歩いて日本食『ふるさと』へ直行。
典子の妹さんのお店でした。
味は如何でしたか?私は美味しかったと思います。
でも、カツカレーは量が多すぎ!
短い5星ホテル滞在、もったいない…。


5月9日(月)~11日(水)

眠いまま空港へ。
殆ど意識無し。とうとう典子とお別れ…いつもありがとう!
ご主人によろしく!また来年! マイアミで入国&一泊。
今回の入国は全員無罪!
空港内のホテルはやっぱり便利。
打ち上げ! 私は友人と合流。

翌朝、アメリカン航空でダラス経由、成田へ帰国と、これで終わりの予定でしたが、やはりダラス発は遅れる。
飛行機のタイヤ交換。


5月12日(木)

本当にいろいろあった10日間でした。
皆さん、仲良くお楽しみ頂いて本当に良かったです。
数々のご不便もこの場でお詫び申し上げます。
今後も世界探訪やLIFEの旅でお会いしましょう。


フォトギャラリー


その他の旅の記録レポート一覧

ニュージーランド、ヨーロッパの洗練された大自然、南米やアフリカ、南極の豪快な大自然を思う存分、堪能できる贅沢なツアーです。

大人数の団体ツアーではなく、ほとんどの旅は14名定員の少人数ツアーです。
旗を目印にイヤホンガイドを付けてぞろぞろ歩く旅ではありません。

ブループラネットツアーのツアーは、多くの観光を入れて一見お徳に見えるようなツアーではありません。
たくさん訪問するように見えても実は車窓観光や、ほとんど滞在時間がないツアーが目立つのが観光旅行。訪問地が多いことは移動の多さと滞在時間の短さにつながり、旅のクオリティ(質)が下がります。観光地にはゆっくり滞在していただきたい!お客様の思い出つくりを考えて作った旅の世界です。

スイス観光などで見られるいわゆる『おまけのハイキング』ではないハイキングが楽しめます。
元日本山岳ガイド協会認定ガイドが「歩いて本当に良かった!」と思っていただけるコースを厳選しています。

世界の大自然を体験できる!世界探訪プラン(GLOBAL NATURE CLUB)

  • マチュピチュ遺跡登頂ハイキングとナスカの地上絵

    ツアー日程:2017年6月23日(金)~30日(金)募集中

    憧れの世界遺産で感動のハイキング&充実の遺跡観光

  • 絶景の山上ロッジに泊まるスイスハイキング

    ツアー日程:2017年7月15日(土)~23日(日)募集中

    スイス三大山岳リゾートを満喫する旅

  • ヨーロッパ・アルプスを歩きつくす

    ツアー日程:2017年8月1日(火)~11日(金)募集中

    ツールドモンブラン&ツェルマット&グリンデルワイドハイキング

  • 101秒間 奇跡の天体ショー アメリカ 皆既日食 8日間

    ツアー日程:2017年8月19日(土)~26日(土)募集中

    アイダホフォールズ皆既日食を鑑賞し、イエローストーン&グランド・テイトン国立公園を訪れます

  • 原猿たちとバオバブの樹マダガスカル&インド洋のパラダイスモーリシャス

    ツアー日程:2017年9月9日(土)~11日(月)募集中

    マダガスカルの特異な自然&ヨーロッパ的な高級リゾート地のモーリシャスをめぐる旅

  • 真っ赤な紅葉黄金の黃葉秋の東西カナダ

    ツアー日程:2017年9月21日(木)~28日(木)募集中

    カナダで紅葉狩り&大氷原とナイアガラの滝観光の旅

  • 紅葉のアドリア海の真珠

    ツアー日程:2017年10月7日(土)~16日(月)募集中

    中欧四カ国 スロベニア・クロアチア・ボスニアヘルチェゴビナ・モンテネグロをめぐる旅

  • 初企画!!ついに世界最大の滝エンジェルフォールの滝口に立つ

    ツアー日程:2017年10月21日(土)~30日(月)募集中

    ギアナ高地にある世界最大の滝エンジェルフォールを始めとした大自然を満喫する旅

  • 最後の大陸へ南極上陸クルーズ

    ツアー日程:2018年2月18日(日)~3月2日(金)募集中

    究極の絶景と野生動物の世界を訪れる旅

NEWS TOPICS
  • おすすめのツアー(世界探訪プラン)
  • 絶景を楽しむツアー(LIFEプラン)
  • オーダーメイド旅行
  • 旅の記録レポート
  • 旅の写真館
  • 航空券販売
  • 航空券販売
  • 航空券販売
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • メールマガジン
pagetop