フィンランドで満天のオーロラに感動!北欧で神秘を楽しむコツ

フィンランドで満天のオーロラに感動!北欧で神秘を楽しむコツ

北欧にある自然豊かな国、フィンランド。
今回は、そんなフィンランドで体験できるオーロラについて紹介します。

→ネイチャーガイドといくフィンランドツアーの詳細はこちら

オーロラとはどんな現象?

オーロラは現代の科学でも完全に解明されていませんが、宇宙から降り注ぐ高エネルギー粒子が地球の大気に衝突することで発光する自然現象です。
太陽表面の爆発により放出された粒子が地球の磁場に捕らえられ、北極や南極の上空で幻想的な輝きを見せます。
フィンランドの一部はオーロラがよく見える緯度に位置しているため、オーロラ観賞に最適の条件が揃う国の1つとして人気です

フィンランドでオーロラが見られる条件とは?

フィンランドでオーロラを見るためには、特定の条件が必要です。

  • オーロラに適した天候
  • オーロラを確認できる暗さ
  • オーロラベルト帯に入る

フィンランド国内はどこでもオーロラが見られるわけではないので、どんな条件が揃うとオーロラが見られるのか紹介します。

オーロラに適した天候

オーロラ観賞に適しているのは、晴れた日の夜です。
雲が多い夜は、たとえオーロラが出現していても地上から見ることができません。
しかし、フィンランドの内陸部は比較的晴れの日が多いので、オーロラを見るチャンスに恵まれやすいのが特徴です。
特に、フィンランド北部にあるラップランド地方は、北極圏に位置しているため晴天率が高いことで知られています。
満天の星々に囲まれながらオーロラを待つ時間は特別な体験となるでしょう。

オーロラを確認できる暗さ

オーロラを明瞭に観賞するためには、街明かりなどが少ない暗い場所を選ぶことが大切です。
人工の光が少ないほど、オーロラの神秘的な輝きがより際立って見えるからです。
フィンランドは自然豊かな街が多いので、オーロラ観賞に理想的な環境を提供してくれます。
また、フィンランドは夜が暗くならない白夜もありますが、9月~4月は夜が暗くなるためオーロラ観賞に最適です。

オーロラベルト帯に入る

オーロラを見るためには、オーロラベルト帯への滞在が欠かせません。
このベルト帯は北緯60度から80度に広がる地域を指し、オーロラ活動が最も活発に見られる数少ない地域です。
フィンランドにあるラップランド地方はオーロラベルト帯の中心に位置しているため、オーロラ観賞で人気の観光地です。
サーリセルカ、レヴィ、ロヴァニエミ、イナリなどの都市は、いずれも高い確率でオーロラを観賞できるでしょう。

フィンランドのオーロラ観賞の注意点

オーロラ観賞をする際には、注意点もあります。
特に冬の寒さが日本の比ではないフィンランドでは、屋外でオーロラを楽しむために十分な防寒対策が必要です。
ゆっくりとオーロラを堪能できるように、注意点を紹介していきます。

フィンランドの気温

フィンランドの冬は非常に厳しく、オーロラベルト帯の冬の平均気温は-15℃に達することも珍しくありません。
ピーク時には-20〜-30℃になることもあるので、通常の冬服では寒さをしのげないでしょう。
しかし、屋内は暖かい場所が多いので、オーロラ観賞の際は寒暖差に気をつけないといけません。

オーロラ観賞に適した服装

オーロラを待つ間は長時間屋外で過ごすことになるため、厳重な防寒対策が必要です。
重ね着をすることで断熱効果を高め、体温を効果的に維持できます。
下着やインナーウェアには、ウールやフリースなどの保温性の高い素材を選びましょう。
アウターは登山やスキー用などの水や風を通さない素材のものが理想的です。
また、手袋や靴下も重ね履きすることで、末端からの冷えを予防できます。
靴下を重ね履きする前提で、ブーツは少し大きめのサイズを購入しておくことをおすすめします。

オーロラ観賞に必要なアイテム

オーロラ観賞には、防寒装備以外にもいくつかの必需品があります。
美しいオーロラの瞬間を記録するために、三脚付きのカメラを準備しておくと良いでしょう。
スマートフォンのカメラでも構いませんが、夜空を美しく撮影するにはマニュアル設定ができる一眼レフカメラがおすすめです。
また、長時間屋外にいるので温かい飲み物も準備する必要があります。
中身が凍らないように、保温性の高い水筒にお気に入りの飲み物を入れて持参しましょう。
オーロラは暗い場所でより綺麗に見えるため、暗闇の中を歩くことになります。
街灯のない場所を歩くと転倒などのリスクがあるので、ヘッドランプやハンディライトがあると便利です。
これらのアイテムを揃えて、快適で思い出に残るオーロラ鑑賞を楽しんでください。

フィンランドでオーロラ観賞に適した観光地

フィンランドでオーロラ観賞に適した観光地は、ラップランド地方に複数あります。
その中でも、今回は比較的アクセスの良好で人気のある観光地をピックアップしました。

サーリセルカ

サーリセルカはラップランド地方北部、イナリ湖のほとりに位置する小さな村です。
人口わずか300人ほどのこの静かな村は、オーロラ観賞を目的に訪れる観光客に人気のスポットとなっています。
サーリセルカの魅力は、何といっても澄み切った空気と広大な自然です。
イナリ湖を囲む手つかずの森林や、遠くに見えるウルタル山脈の山並みが、日常から切り離された別世界のような雰囲気を醸し出します。
この地で見られるオーロラは、他の地域とは一味違う神秘性を感じさせてくれるでしょう。
また、サーリセルカには、ガラス張りのイグルーに宿泊できる施設があります。
ベッドに横たわりながら、天井のガラス越しにオーロラを観賞できる贅沢な体験は、この村ならではの特権です。
静寂に包まれた雪景色の中で、オーロラの神秘を心ゆくまで堪能してみてはいかがでしょうか。

レヴィ

レヴィは、ラップランド地方西部に位置するフィンランド最大級のスキーリゾート地です。
冬季のアクティビティが充実しているこの都市は、オーロラ観賞とウィンタースポーツを同時に楽しみたい人におすすめのスポットです。
レヴィでは、スキーやスノーボード、スノーモービルや犬ぞりなど様々なアクティビティを体験できます。

一日中アクティブに過ごした後は、オーロラ鑑賞に出かけましょう。
レヴィの中心部からほど近い場所にも、オーロラ観賞に適したスポットが点在しています。
現地のオーロラツアーに参加すれば、熟練ガイドがベストなロケーションへと案内してくれます。
レヴィでは、大自然の中でのウィンタースポーツと、夜空を彩るオーロラの共演を満喫できるでしょう。
アクティブに過ごしたい人には、最高の冬の思い出となるに違いありません。

ロヴァニエミ

ロヴァニエミはラップランド地方の中心都市であり、サンタクロースの故郷として知られています。
クリスマスシーズンには、世界中からサンタに会いに来る観光客で賑わうこの都市は、オーロラシーズンになると一転、神秘的な雰囲気に包まれます。
ロヴァニエミの中心部からほど近い郊外には、オーロラ観賞に最適なスポットが点在しているので、心を奪われた観光客も数多いでしょう。

ロヴァニエミでは、オーロラ観賞とサンタクロース村の訪問を組み合わせるのがおすすめです。
昼間はサンタクロース村でクリスマス気分を満喫し、夜はオーロラツアーに参加してみてはいかがでしょうか。
ロヴァニエミならではの、クリスマスとオーロラの幻想的なコラボレーションを体験できます。

イナリ

イナリは、フィンランド最北端のラップランド地方に位置するサーミ文化の中心地です。
北緯69度に位置するこの町はオーロラベルト帯の中心に位置し、オーロラ活動が非常に活発な地域として知られています。
イナリの魅力は、手つかずの大自然と先住民族サーミの文化に触れられることです。
広大な国立公園やイナリ湖の美しい景観は、日常から切り離された別世界のような感覚を味わえます。

また、サーミ文化センターでは、トナカイ飼育や伝統的な手工芸など、サーミの伝統文化について学べます。
イナリでは、このような文化体験とオーロラ観賞を組み合わせられます。
イナリ湖畔や国立公園内の静かなスポットで、オーロラの神秘的なパフォーマンスを観賞してみてはいかがでしょうか。
極北の地ならではの雄大な自然とサーミ文化の魅力を肌で感じながら、忘れられないオーロラ体験を満喫できます。

フィンランドのオーロラで一生の思い出作りをしましょう

街灯やイルミネーションが当たり前のようにある日本では、フィンランドのオーロラのような神秘的な経験はできません。
ぜひフィンランドならではの体験で、印象に残る思い出を作ってください。
今長谷
× 閉じる