南極大陸の動物との出会いを目指す旅行(ペンギン編)

南極大陸の動物との出会いを目指す旅行(ペンギン編)

更新情報をお届け!
友だち追加
公式LINEアカウント『旅人の酒場』
写真で見る世界旅行の更新情報もLINEでお届け!
今長谷写真
今長谷

ネイチャーガイドの今長谷です。日本を出て国際線の空の旅と、アルゼンチン・ウシュアイアからの船旅を合わせて6日目の朝、ついにたどり着いた南極大陸。これほど到着するまでの期待が高まる旅は他にはないでしょう。南極といえばほとんどの人がまず連想するのはペンギン。今回は南極のイメージリーダーのペンギンたちをネイチャーガイド的視点で写真満載でお届けします。

野生の世界に生きるペンギン
南極に住む種類は4種類のみ

ネイチャーガイド今長谷写真
ネイチャーガイド今長谷

世界に住むペンギンの種類数は意外に少なくわずか18種類です。赤道直下のガラパゴスに住む1種類を除いて他は南半球に生息しています。実はペンギンの生息に必須なのが南極から流れ出る豊かな海流だといわれます。その一方で南極に住む(雛を育てる)ペンギンはコウテイペンギン、ゼンツーペンギン、ヒゲペンギン、そしてアデリーペンギンの4種類のみです。今回は生息域が訪問地から逸れるコウテイペンギン以外の3種類を紹介します。

南極のペンギン VS 動物園のペンギン

今長谷写真
今長谷

南極まで行かなくてもユーモラスなペンギンの姿は動物園で楽しめます。彼らも間違いなく正真正銘のペンギンです。
しかし大きく違うところがあります。
それは南極で生まれ、餌を探し、雛を育て、やがて一生を終える・・そのすべてが自然の中ということ。捕食者や厳しい気候のなかで生きる野生のペンギンだということです。

白いヘッドバンドが目印
南極の代表選手 ゼンツーペンギン

今長谷写真
今長谷

南極大陸をクルーズで訪れてゼンツーペンギンを見ないで帰ることは困難といえるほどゼンツーペンギンは数多く住んでいます。体長は50~90cmで体重は5~8.5kg。ペンギンの中では3番目に大きな種類です。頭の上の部分に白いヘッドバンドのような羽毛が特徴です。約100日間で雛を育て上げて冬が来る前に海に帰って行きます。

南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー 南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー ペンギン|ゼンツーペンギン|南極上陸|南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー 南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー 南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー ペンギン|ゼンツーペンギン|南極上陸|南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー

あごのひもが目印
ユーモラスなヒゲペンギン

今長谷写真
今長谷

ゼンツーペンギンと同様に南極で数多く目にするのがヒゲペンギンです。体長は70~75cmで体重は4~7kg。ゼンツーペンギンよりやや背が高いですが、体重は軽く細身のイメージがあります。あごの下に紐のような羽毛が特徴でどことなくユーモラスな印象です。こちらも約100日間で雛を育て上げて冬が来る前に海に帰ります。

南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー ペンギン|ヒゲペンギン|南極上陸|南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー ペンギン|ヒゲペンギン|南極上陸|南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー 南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー

黒くてとがった頭と白い目が目印
南極のアイドル アデリーペンギン

今長谷写真
今長谷

他の2種類に比べて海に帰る季節がやや早く、個体数も少ないため見つけるのが難しい印象なのがアデリーペンギンです。体長60~70cmで体重は5kgほどの中型のペンギンですが、他より小さめでかわいい姿から南極のアイドル的な存在です。アニメ映画にも登場しますのでその印象を持つのは私だけではないようです。

ペンギン|アデリーペンギン|南極上陸|南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー ペンギン|アデリーペンギン|南極上陸|南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー ペンギン|アデリーペンギン|南極上陸|南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー 南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー

野生の世界
雛には時間がない

今長谷写真
今長谷

短い南極の夏。雛たちは冬が来る前に海に入って餌をとる能力をつける必要があります。産毛でおおわれた彼らの姿はかわいいのですが、防水性がない産毛が生え変わらないと海には入れません。彼らには時間がありません。必死で親を追いかけて餌をねだります。少しでも早く成鳥になるために。

南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー ペンギン|ゼンツーペンギン|南極上陸|南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー ペンギン|ゼンツーペンギン|南極上陸|南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー 南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー 南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー 南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー

まさに食うか食われるか
捕食者との闘い

今長谷写真
今長谷

巣で待つ雛のために親鳥は海に出かけナンキョクオキアミなどを捕らえて巣に戻ります。しかし、その海は安全とは程遠いところ。海をうかがうペンギンの目の前に最強の捕食者のヒョウアザラシが待ち受けています。残酷に感じてしまう場面に出くわすこともあります。襲われた親鳥、そしていつまでも戻らない親鳥を待って冷たくなっていく雛。南極と動物園が決定的に違う世界がそこにあります。

南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー 南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー 南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー

かわいさ全開
ペンギンの雛たち

ネイチャーガイド今長谷写真
ネイチャーガイド今長谷

厳しい世界に住むペンギンたちですが、やはり何気ない瞬間の雛たちの姿には心が和みます。2月は雛たちもすっかり成長し運動会のように走り回っています。また漁に出た親鳥を待つ雛たちが集まったコロニーの風景はまるで幼稚園です。

南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー 南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー ペンギン|ゼンツーペンギン|南極上陸|南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー ペンギン|ゼンツーペンギン|南極上陸|南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー ペンギン|ゼンツーペンギン|南極上陸|南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー 南極クルーズ船|南極・南極上陸クルーズ旅行@ブループラネットツアー
今長谷写真
今長谷

いかがだったでしょうか?
ペンギンといっても侮ることなかれです。野生の世界に生きるペンギンはたくましく、明日をも知れぬ世界で生きています。目の前でトウゾクカモメに襲されれる雛を必死に守ろうとする親鳥の姿は日常茶飯事です。南極条約で5m以内に近づくことは禁止されていますが、めったに人間を見ないペンギンのほうから物珍しそうに近寄ってくることもあります。やはりペンギンはかわいい南極の主役です-->次回は南極の海の主役のクジラの世界をお届けしますのでお楽しみに!

Auther: ネイチャーガイド 今長谷 啓享

自分が行って楽しいと思える旅じゃないと作らない!というポリシーで現地調査・企画・手配を行い、現地の案内まで、ネイチャーガイドとして体験型で少人数のくつろぎの旅を提供。北極圏から南極大陸まで、歴史と文化に溢れる世界遺産からヨーロッパや南米アンデスの山々まで、海外への渡航歴200回以上、パリやベルギーにも駐在経験のある旅人。元山岳ガイドの経験も活かし「自然や世界遺産が好きな方々を体験型で少人数のくつろぎの旅の世界」へ今も日々案内中。